You’re Beautiful / James Blunt

極私的洋楽解釈

ジェームス・ブラントは英国人で英国陸軍で大尉まで昇進後除隊し、音楽活動を開始した。この曲が大ヒットし、ビルボードでも第一位になった。

私がロサンジェルスに居た頃、通勤中のカーラジオで何度もかかり、月並みな言い方であるが、なぜか哀愁を伴った歌声が頭の中に残っている。この歌は悲しい片思いの歌でビデオでは自殺を暗示させているが、彼の風貌が思い詰めて自殺する役に非常に似合っている。但し、このビデオを見ていると、見ている方も寒気がしてきて、余りよろしくない。

米国のラジオ番組を聞いていると日本と曲紹介が逆で、例えば米国のDJはA,B,Cの3曲を続けて掛け終わると、只今の曲はC,その前がB,その前がAという風に説明する。日本なら、最初の曲がA,次がB,,,という風にかけた順に説明する筈です。履歴書でも日本では高校→最終学歴→職歴という風に時間順に書きますが、米国の場合は現職→職歴→最終学歴→、、という風に並べていきます。