ローリング・ストーンズは来なかった / 西郷輝彦

Rolling Stones wa konakatta.jpg

今聞いてもかなりの迫力ですが、逆に言えば今でも現役のローリングストーンズが凄いと云うべきでしょう。
………………..<2004.10.02>
この西郷輝彦の歌は2,3年前に山下達郎の番組で聞きました。ローリングストーンズの来日公演が薬物疑惑で中止となり、非常に残念!という気持ちからこの曲が出来たようです。確かに山下氏が絶賛するようにすごい、てゆうか、何でこんな曲が出来たのか?摩訶不思議な感じでした。そこで、この曲を探してみましたが、見つかりません。やっとヤフオクで見つけたのがこのオムニバス盤です。オリジナルのレコードをお持ちの方は是非見せてください。歌詞はかなり凝ってますので解説が必要です。しかし、ローリングストーンズ ジョン レノン サンタナ シカゴというリフレインには脱帽と言わざるをえません。

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★★☆
意味不明度 ★★★

 

真珠のジャニス → (ジャニスジョプリンがパールというLPを出した頃です。)
いとしのキャロル
ホク ホク ボブディラン → (ホクとはフォークの積もりです。)
ブギウギ ボラン → (ボランは多分Tレックスのマークボランの事だと思います。)
ローリングストーンズ ジョンレノン サンタナ シカゴ

他人に出来て 俺に出来ない筈はないさ
おまえも頑張れ
ローリングストーンズ ジョンレノン サンタナ シカゴ
今こそ 二流の俺だがいずれは売り出すさ
夢のスーパースターだ!!
ローリングストーンズ ジョンレノン サンタナ シカゴ

コメントを残す