手編の靴下/ザ・ピーナッツ

珍盤・奇盤

この歌、どこかで聞いたことのあるようなメロディと思いませんか。後に園まりの歌で大ヒットした「逢いたくて逢いたくて」です。大ヒットした歌をカバーするとか、売れなかった歌を歌手を変えて再発する、というのは良くある事ですが、この歌の場合、元歌の歌詞だけを書き換え、歌手を園まりに換えています。

宮川泰作曲、岩谷時子作詞の「手編の靴下」は余り売れませんでしたが宮川泰はよっぽど自信があったんでしょう。手編の靴下をあのひとに穿いて欲しい、というのは、当時既に時代遅れに見えたのかもしれません。これでは売れない、もっと色っぽくしなければ、という事で岩谷時子が歌詞を全面的に書き直しています。そしてめでたく大ヒット。自分たちの曲の歌詞を変えて歌手を変えて大ヒットした「逢いたくて逢いたくて」にザ・ピーナッツの御両人はどう思ったんでしょうか?当時彼女達は大変な売れっ子でしたから、余計な事は考える暇がなかったでしょうね。分類は一応「珍盤・奇盤」に入れてますが、トホホ要素が殆ど無いので、星の評価は止めにしました。