映画講義 ロマンティック・コメディ/瀬川裕司著

読書のお時間

武漢ウィルスで自粛になり、家でネット経由の映画を色々見ている。NETFLIXは昨年、全裸監督が見たいばっかりに加入し、amazon prime videoは買物をしてる間に何故か加入していた。TSUTAYAは店員に会員証の期限が切れていると言われ「JCBのクレジット機能付きのカードは如何ですか?」と聞かれたがクレジット・カードは何枚も持っているし「それ年会費取られるんでしょう?」と聞くと「クレジットの年会費は不要です」。じゃあ、まあいいかと思って言われるままに登録した。しかし、翌月カード明細で¥1,100が引かれている。JCBの会費は不要だが、TSUTAYAの会費は必要という事らしい。店員が嘘言ったわけではないし、そのまま会員となった。

最近面白いのはamazon オリジナルの「マーベラス ミセス メイゼル / The Marvelous Mrs. Maisel」。舞台は1958年のニューヨーク。ミセスメイゼルの旦那は親のコネで立派な会社の副社長。彼は趣味として夜クラブで漫談(stand up comedy)をやるが殆ど受けない。ミセスメイゼルは夫の出番を早めの良い時間にしてもらおうとクラブの女マネジャーに料理を届ける。そんな日々が続くうち旦那の浮気が発覚した。ミセスメイゼルは怒り、あばれ、多量の酒で酔っ払い、そのままクラブの舞台に上がって旦那の悪態をつく。これがバカ受け。なぜかこれで目覚め、自分も漫談家になりたくなる。女マネジャーはこれは売れると感じ、二人三脚でミスメイゼルの漫談家としての活動を開始した。ミセスメイゼルは子供を夫に預け、家族に内緒で漫談を続ける。それからお約束の騒ぎが始まる。

ミセスメイゼルの漫談は自分自身の事や両親や知人との会話がネタ元になっている。視聴者はまずネタ元となる事件を見て笑い、ネタでもニヤニヤ笑える。メイゼル家はユダヤ人で彼ら独特の風習があり、彼女のジョークの人種的なものや下ネタは残念ながら日本人には少々分かりにくい部分もある。また、当時伝説の漫談家と言われていたレニー・ブルースが出てくる。レニーは反体制的な漫談で興が乗れば1時間でも2時間でも喋りまくり時には警察沙汰も起こす。古館伊知郎は彼にあこがれて「トーキング・ブルース」を始めた。

50年代から60年代初めのニューヨークの世相と当時の良い歌(全部は分からないが)が流れ、ファッションも意外に素敵で全般的に時代考証が素晴らしい。その中で登場人物の会話に挟み込まれたテンポの良いギャグが軽く笑える。シーズン3迄あり、シーズン1とシーズン2はゴールデングローブ賞とプライムタイム・エミー賞を受賞している。現在シーズン4を撮影中。

ネットでこれ以外にも何か軽く笑えるコメディは無いかと思い、この本を買ってみた。著者が前書きで
「ロマンティック・コメディは、たいていはシリアスでも芸術的でもなく、好きだと公言するには恥ずかしい雰囲気がある。恋愛喜劇は、単なる気晴らしとか暇つぶしのためのレベルの低いものと考えられているようだ。(中略)筆者は、軽視されがちだが、高く評価されるべきだと信じるものに関して、その真価を世に訴えたくなってしまう性分だ。」
だそうですが、ラブ・コメが好きだと公言するのは恥ずかしいですかぁ??

ロマンティック・コメディは世間で低い評価を受けているが俺がなんとかしたい、という著者の真面目な気概が溢れている。そのためか第一章では無声映画、トーキーの時代から2,000年代迄の名作を挙げてそれぞれに寸評を付けている。第二章ではそれらの映画を綿密に分類している。まさに学問は分類に始まる、という古い諺通りの作業が続く。第三章は「ロマンティック・コメディの作り方」と称してこれまで見て来た映画とその分類、分析から、これから新たにロマンティック・コメディの脚本を書くヒントを与えている。

我々や著者が教えている学生たちはこういう映画を「ラブ・コメ」と呼んでいるが、それは良くないらしい。正しくは「ロマンティック・コメディ」と呼ぶべきだと主張し、その理由が延々と述べられている。著者にはかなりのこだわりがあるようだが、門外漢には良く分からない。こんな調子でロマンティック・コメディに関する講義が続く。何か軽い「ラブ・コメ」を探すつもりで読んだみたが、本書は実は正座して読むべきものだったのかもしれない。自分にはこの講義で優を取ることはかなり難しそうだ。これから映画を見るときはノートをとりながら見る事に致しましょう。

巻末に1916年から2018年までのロマンティック・コメディの名作がリストアップされている。古いものは見られないし、余り興味もないのでamazon prime video で2018年から降順で検索し、見られるものだけを選んで表を作ってみた。見たい映画がもし有料ならNetflixその他で検索してみれば無料で見られるかもしれません。