地球温暖化行進曲/植木等

珍盤・奇盤

最近地球温暖化がどうのこうのという話が多い。特にスウェーデンの16歳のグレタ・トゥーンベリという少女が学校にも行かず、飛行機に乗ると二酸化炭素が大量に出る、と言ってヨットで国連やCOP21に乗りつけました。但し、ヨットのクルーは飛行機で帰ったようです。(彼女が何で帰国したんでしょう?)会場の内外で温暖化反対の演説をブチかまし、温暖化の元凶と非難されたトランプ大統領は本気で怒っていたようです。如何にも純な女の子の訴えのように見えますが、なんか裏に銭の臭いを感じるのは私だけ?そもそもあのヨット代、誰が払ったんでしょうか。

北極や南極の氷が解けると海面が上昇して洪水が起こると言う人がいます。しかし理科の時間に習った事を思い出せばこれは無しです。二酸化炭素が増えると温暖化すると言う人もいますが、 二酸化炭素が減ればそれに頼って生存している生物が生きていけなくなります。森は二酸化炭素を吸って酸素を出すからもっと植林すべきという人もいますが、その酸素は森にいる動物、生物等が吸収し最後に二酸化炭素を出すので同じです。要は人間がこの大きな地球の温度を冷暖房の調節のようにコントロールするという事は土台無理な話でしょう。

植木等は生前、これを見越して歌っています。「温暖化なにが悪い?」と。但し、最終的に温暖化が良いと言ってるようにも聞こえません。そんな事は成り行き任せ、もっと気楽に行きましょう、という植木等節が炸裂しています。

トホホ度 ★★★☆
お笑い度 ★★★
意味不明度 ★★★☆

地球温暖化行進曲/植木等