そりゃあないぜセニョリータ/ケーシー高峰

ケーシー高峰さんがお亡くなりになりました。山形県出身。享年85。芸名は昔々の医療ドラマ「ベン・ケーシー」からケーシー、高峰は一目ぼれした高峰秀子から採ったそうです。代々医者の家系で日大医学部に入学したものの、演芸に目覚めて同芸術学部へ転部しました。

半袖の白衣と黒板で下ネタ連発の芸風はどこでも大ウケ。昨日のサンケイスポーツに毒蝮三太夫が思い出を語っています。「約40年前に二人でNHKから”出禁”になったことも。理由?俺は名前がふざけている、ケーシーさんはエロ漫談だからって。2人で『出るもんか』ってさ。最近は『出てくれ』だろ、NHKも変わったよね。そうそう、立川談志もケーシーさんと仲がよかった、尊敬してたよ。『俺の前に(ケーシーさんを)出すな。俺がウケなくなるから』ってさ。」

BS朝日では4月18日(木)21時からケーシー高峰が出演する「お笑い演芸館+」を急遽再放送するそうです。浅草、東洋館の舞台で司会のナイツとのやりとりも楽しそうです。

この歌は斉木克己作詞、村井邦彦作曲で、昭和の懐かしい香りがしています。
〽夜のオアシス スナックで レイキなナオンがベシャッてる。
今時「レイキなナオン」などという人はさすがに居ないでしょうね。全体に自虐感溢れる歌詞で、2番が今市ですが、トホホ度は四つ星にしておきました。

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★★
意味不明度 ★★★

コメントを残す