アラ見てたのね/都はるみ

都はるみは引退したり復帰したりを繰り返してますが、2015年11月に単独興業休止という、非常に分かりにくい宣言をしています。体調の問題もあり、引退やむなしでしょうか。……………..

<2015.05.14>
都はるみは引退したり復帰したり、誰も着ないセーターを編んでみたりと忙しい方ですが、色々と良い歌があります。中でもこの「アラ見てたのね」は飛切の傑作です。出だしは普通の畠山みどり風ですが、序々に盛り上げて最後に「アラ見てたのね」の強烈な決め台詞。強烈なパワーでノックアウト、まいったという感じです。この当時の曲には振りが着いている、ものが多く、振りやステップがレコードの歌詞と共に印刷されていたもんですが、この曲も御多分に漏れずちゃんと踊り方の解説付きでした。どうもこの曲で盆踊りをやろうという魂胆のようです。盆踊りの輪全員が「アラ見てたのね」と一斉に叫んだらすごい光景でしょうねぇ。

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★☆
意味不明度 ★★☆

 

さあさ皆様 恋した時は 身振りそぶりですぐわかる
あんなこと言って ちゃって ちゃって 言っちゃって
ゆんべも二人で 一本橋で
別れがつらくて 遠回り 遠回り
アラ 見てたのね

何を聞いても あなたの事で 胸は一杯 上の空
あんなこと言って ちゃって ちゃって 言っちゃって
魚を買ってもあいタイみタイ
八百屋じゃみつばで ほうれん草 ほうれん草
アラ 見てたのね

月が一ツなら 想いも一ツ 広い世間にゃ 君一人
あんなこと言って ちゃって ちゃって 言っちゃって
うれしがらせは 口さきばかり
私は淋しい 待ち呆け 待ち呆け
アラ 見てたのね

コメントを残す