日本国紀/百田尚樹著

平成30年、出版界最大の事件がこれだ。百田尚樹氏の「日本国紀」は当初11月15日発売予定で10月15日にアマゾンや楽天で予約受付を開始した。すると予約が殺到し、翌16日にはアマゾンで書籍全ジャンル(本)でベストセラー第1位となり、その後、18日間連続1位を維持した。版元の幻冬舎は初版10万部という強気の販売目標であったが予約受付中に増刷を数度行い、発売日を幻冬舎創立記念日である11月12日に前倒して、なんと初版40万部の発売となった。尚、翌13日は更に5万部増刷が決定した。

予約の段階では目次を見たり、中をパラパラめくって見たり出来ない。これといった宣伝もしていない。要するにどんなものかも分からないまま増刷を重ね40万部が売れた事になる。これは昨年の村上春樹著「騎士団長殺し」に次ぐ記録となる。この売れ行き(予約)に気を良くした幻冬舎は11月に入って主要全国紙に全面広告を掲載した。私が知る限り、1書籍の全国紙全面広告は宮沢りえの「サンタ・フェ」以来であろう。「サンタ・フェ」は毛が見える写真が2、3枚ある、という事で話題になり150万部以上売れた。本書は勿論そこまでは無理と思うが、その半分くらいはいくんぢゃないだろうか。

「日本国紀」とは大仰な書名であるが、要は日本通史である。百田氏はこれを1年かけて書き上げた。世の中にまともな日本史がない。他の多くが自虐史観に染まり、日本人の素晴らしさを表現できていない。そうならば自分で書こうと一念発起した。他の日本史と違うのは第7章「幕末~明治維新」から「平成」までが全体の約半分を占めている。特に明治維新から戦後復興までの一連の流れが分かりやすい。日本史を高校時代全部やった人でも明治以降は入試に出ないとか言って勉強しなかった人が多い。私は映画、TV、歴史小説などによる断片的知識しかなかったが本書のお陰でそれらが繋がったような気がする。

私が高校生の時も現在に於いても日本史は必修科目になっていない。およそ先進国で自国の歴史が必修科目でない国はない。その原因は本書にも出てくるGHQのWGIP (War Guilt Information Program)である。WGIPはGHQが日本人に贖罪意識を植付け、日本国の伝統を分断する事を目的とした洗脳教育、情報操作である。このため、日本の歴史を教える事も憚られる事となり、それが70年以上たった今でも受け継がれている。WGIPのくびきから脱する試みもあるが、昨今の歴史教科書を見ると更に悪化しているように思われる。例えば元号を全く使わない日本史教科書があり、元寇の「文永の役」、「弘安の役」は無く、西暦だけで記述されている等々。

本書がベストセラーになったのは百田氏が人気作家という事もあるが、やはり、昨今の歴史教育、思想に嫌気がさして、こういう日本史を求める人が増えている証左であろう。約500頁あるが、1,800円(税抜)なのでそれほどお高くない。一読をお勧めする。

コメントを残す