チック・タック・ゴーゴー/晴乃チック・晴乃タック

今年も流行語大賞のノミネートが発表された。候補の中には選ばれても表彰する対象が不明な語や不名誉で表彰されにくい語、例えば「悪質タックル」等があり、どうもスッキリしない。本来の趣旨を逸脱してしまった感がある。

そもそもノミネートされた語数が多すぎて全部は知らない。「TikTok」は15秒の動画を共有するSNSらしいが全く分からない。分かるどころか「TikTok」と聞いて晴乃チック・タックを思い出してしまった。晴乃チック・タックは「どったの?」とか「いいじゃなぁ~い」とかいう、今から思えばどうでも良いようなギャグを連発して大変な人気者になり、映画やTVに頻出していた。

ご両人は私の知る限り4曲吹き込んでいるが、その中でこれが一番ヒットしたようだ。芸人さんの歌はギャグや珍フレーズで笑いを狙うのが常道であるが、この歌はこれといったギャグもひねりも無く、今市面白さに欠ける。曲調は青春歌謡という感じで、ひょっとしたら本気でその線を狙ったのかとも邪推してしまいす。カテゴリーは「珍盤・奇盤」にしてますが、評価はかなり低くなりました。

トホホ度 ★★☆
お笑い度 ★★
意味不明度 ★★

コメントを残す