お嫁にゆけないわたし/三浦弘とアローシックス

「不倫は文化」で有名な石田純一氏が週刊新潮8月10日号に「迷言誕生から20年余!『不倫は文化』の検証ガイド」と題して寄稿されました。この名言は1996年長谷川理恵との不倫がフォーカス誌にバレた時、ゴルフ場で記者に追いかけられ「…でも、不倫を完全に否定してしまったら、世界からどれだけの芸術が無くなってしまうと思いますか。不倫という恋愛から生まれる音楽や文学もあるじゃなですか。苦しみや葛藤から生まれる文化もあるんです。云々」等と答えたそうです。これをスポニチが「何が悪い、不倫は文化!石田純一」と見出しに書き、ここから「不倫は文化」だけが独り歩きしてしまったと述べています。

次に「不倫から生まれた芸術や文化は、実に多彩なのです。」として、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」、1950年の映画「イヴの総て」、中上健次の「枯木灘」等が紹介され、特にワーグナーについては「さて、ここからが大事ですが、ワーグナーがこういう作品を創ることができたのは、自分自身も運命的な出会いに身を委ねていたからに違いありません。」としてワーグナー自身の女性(人妻)遍歴が詳しく書かれています。その他、と不倫から文化となった種々の例を挙げています。

次に【不倫の魔力を糧に】という見出しの下「…それでも、こと芸術についていえば、不倫の魔力は強力なパワーやインスピレーションになる。不倫は背後に破滅的なものを背負っているがゆえに、決してほめられませんが、不倫を糧に生まれた作品が、100年、200年たったいまも、ロダンやクローデルの彫刻のように、僕たちに感動を与えてくれているのも事実なのです。」と本論を結んでいます。

最近は不倫報道が盛んで、またか、と思う反面興味津々ですが、餌食となった人は不運ですねぇ。私同様、石田氏と同意見であっても、周囲の顔色を伺いつつ本人を叩く評論家、コメンテーターという構図は見飽きた感があります。石田純一氏におかれましては、より深い「不倫と文化」に関する論考を上梓される事を期待しております。

という訳で不倫ソングですが、改めて見直すと不倫の歌多いですね。もっとも二人が出会って愛し愛され、目出度くゴールイン、今の私たちトッテモ幸せ!なんて歌作っても面白くも何ともないのも事実。やはり、少しは暗く悲しい面がないと入り込めないのかもしれません。

三浦弘とハニーシックスの「お嫁にゆけないわたし」は相手に妻子がある故、お嫁にゆけない、という当たり前の話ですが、既にムード歌謡が絶滅危惧種になった今、白いスーツにエナメルの靴、中条きよしみたいに結び目の太いネクタイで決めたグループがとても懐かしく思えてきます。「不倫と文化」に加え、ムード歌謡も研究してみる価値がありそうです。

コメントを残す