性の機械/王様

王様は1995年のデビュー以来、終始一貫直訳ロックの普及に邁進しており、数々の名作(迷作)があります。英語の歌の意訳又は日本語の歌詞を付けて歌う事は古くから色々ありますが、王様の様に全く直訳というのは前代未聞でしょう。所々訳が怪しいところもありますが、歌詞の意味も分かり楽しめます。又日本銭湯会の会長でもあり、以前は麻布十番温泉の演芸場で銭湯ライブをやっていましたが、この湯が閉店していまい、それ以降は毎年暮れに蒲田温泉二階の演芸場で銭湯ライブを続けています。自分が川崎に通っていた頃は毎年行ってましたが、職場が変わり、ここ二年位ライブを見ていません。現在は全国を廻って毎日のようにどこかでライブやってます。来月は自宅近くでやるようですので、久々に見に行ってこようと思ってます。<2004.11.27>
…………………………………

王様は顔がトランプの王様に似ているという事で付けられたあだ名がそのまま芸名になったようです。王様は我が国随一の日本語直訳ロッカーでこれまでのヒット曲には「深紫/Deep Purple」の「高速道路の星/HIGHWAY SATR」、「湖上の煙/SMOKE ON THE WATER」、 「転石/Rolling Stones」の「飛んでるジャックの稲妻/JUMPIN’ JACK FLASH」、「満足できない!/I CAN’T GET NO) SATISFACTION」等数々の名訳(迷訳)曲があります。

この性の機械は言うまでもなくジェームスブラウンのSex Machineの直訳ですが、これは苦労の後が見受けられます。例のケロンパ (Get on up) を「御立派」と訳したのは苦し紛れとはいえ、たいしたもんです。

トホホ度 ★★★
お笑い度 ★★★
意味不明度

みんな!俺を男にしてくれ/Fellows, Ready to get up and do my thing!
もう、ギンギンに行きたいんだよね/I wanna get in to it man, you know?
なんか、こう、性の機械になったって感じ? 分かる/Like a, like a sex machine man?
みんな頼んだぞ/Movin’ and doin’, do you know?
数を勘定するぞ!/Can I count it on?
ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ/one, two, three, four

また、たった(御立派)/Get up, get on up
まだまだ元気(御立派)/Stay on the scene
まるで性の機械(御立派)/Like a sex machine

また、たった(御立派)/Get up, get on up まだまだ元気(御立派)/Stay on the scene
まるで性の機械(御立派)/Like a sex machine ちょっと待った!/Wait a minute

腕を振って 手を使って/Shake your arm, Use your palm
まだまだ元気 まるで性の機械/Stay on the scene, Like a sex machine
体を燃やせ 野生の本能/You’ve got to have the feelin’ Sure as you’re born
ガツンとやろう いいぞ いいぞ/And get it together, Right on, right on.

コメントを残す