Frim Fram Sauce / Nat King Cole

nat_king_cole.jpgナットキングコールは1965年45歳の若さで亡くなり、その娘のナタリーコールも2015年に65歳で亡くなってしまいました。LAにいる時ナタリーコールのコンサートへ行きました。何曲か歌った後、舞台正面のスクリーンにナットキングコールのビデオを流し、Unforgettalbeをデュエットしてくれました。少々感動し、まさに忘れられないイベントとなりました。

ナットキングコールは数々の名曲がありますが、この歌は少々変わってます。歌詞を見ればわかるように単にフリムフラム・ソースがけオースンフェイのシファファ添えが食べたいと言っているだけです。しかし、なかなか出てこないので、とうとう業を煮やし、最後に「ねえ出してくれないんなら、水代の勘定書を持ってきなよ」と捨て台詞を吐いてお終いです。

これについて大橋巨泉がTBSラジオでやっていた「JAZZ ABC」という番組で思い出を語っていました。曰く、フリムフラムソースというのはどんなソースだ?オースンフェイとは何か?シファファって野菜か?と色々考えても一体どんな料理かわからない。辞書、料理本等々を調べてみたが皆目見当がつかない。そこで知り合いの日本に駐留している米軍人さんに聞いてみると破顔一笑、そんなものありませんよ、単なる冗談だとの返答。その時の巨泉の顔が見てみたかったです。

歌詞の中の“Five will get you ten”というのはネット辞書によると“strongly believe”とありました。必ずそうなる、とか確信とかいう意味だと思われます。今回初めて知りました。

I don’t want French fried potatoes red ripe tomatoes
フレンチフライも真っ赤に熟したトマトもいらない
I’m never satisfied
満足したことないからね
I want the frim fram sauce with the Ausen fay with chafafa on the side
僕はフリムフラム・ソースがけオースンフェイのシファファ添えが欲しいんだ。

I don’t want pork chops and bacon
ポークチョップやベーコンなんかいらない
That won’t awaken my appetite inside
それじゃ僕の食欲が覚醒しない
I want the frim fram sauce with the Ausen fay With chafafa on the side
僕はフリムフラム・ソースがけのオースンフェイのシファファ添えが欲しいんだ。

A fella really got to eat
男の子はおなかが空いていて
And a fella should eat right
そしてその男は直ぐにでも食べたい
Five will get you ten
まったくそうなんだ
I’m gonna feed myself right tonight
今夜の僕はおなかをいっぱいにしたいんだ。

I don’t want fish cakes and rye bread
魚団子もライ麦パンもいらない
You heard what I said
僕の言ったことを聞いたね
Waiter, please serve mine fried
ウェイター、どうか僕に揚げたやつを出してくれ
I want the frim fram sauce with the Ausen fay With chafafa on the side
僕はフリムフラム・ソースがけのオースンフェイのシファファ添えが欲しいんだ。

Now if you don’t have it just bring me a cheque for the water
ねえ出してくれないんなら、水代の勘定書を持ってきなよ

コメントを残す