前田憲男 マエストロ・ワークス/前田憲男他

一つの歌曲(クラシック音楽を除く)には作曲者、演奏者/歌手以外に欠かせないのが編曲者。作曲は鼻歌を録音し、それを楽譜に起こせばOK。演奏/歌手は下手でも何でもやってしまえばOK。もし売れれば印税が入る。しかし編曲(しごく簡単に言えば伴奏)が無ければ商品にはならない。編曲次第で曲の味が変わり、それが売り上げにも響く。それ程大事な編曲であるが編曲者は殆どの場合、買取。要するに手数料しか入らず、いくら売れても印税は無い。

前田憲男は大阪の出身で高校卒業後上京。プロのピアニストとして演奏の傍ら独学で編曲をマスターし日本を代表する作編曲家として活躍したが、一昨年の11月没(享年86)。この2枚組CDは彼の代表的作品を集めたもので1枚目は彼が作曲したTVやアニメのテーマ曲、ヒットした歌謡曲「別れの朝」、「Mr.サマータイム」、「冬のリヴィエラ」、「約束」等々が入っている。2枚目は彼が編曲した曲(ジャズ)ですが最後に「アレンジの虎の穴」という編曲の妙を紹介した面白い音が2編あります。

この歌↓は前田憲男が編曲の面白さと自分の腕を見せる目的で誰でも知っている「聖者の行進」を例にとり、やりたい放題やってます。このややこしい譜面をスキャットも含めて完璧に歌っている森山良子は凄い歌手だと再認識させられました。歌の途中で前田が書いた有名なジャズメンのアドリブを歌ったりスキャットしています(これをボーカリーズという) 。「この広い野原いっぱい」とか歌っている時とは別人のようにスウィングしています。

聖者の行進/森山良子(歌)前田憲男(編曲)

<曲中のボーカリーズについて>
・フィドル/私には昔ニータカ、ニータカ、と聞こえてましたが、ここではニーニギ、ニーニギ、と歌っています。
・バンジョー
・トランペット
・トランペット/ルイ・アームストロング
歌詞を忘れたルイ・アームストロングが誤魔化してシャバダバなどと歌ったのがスキャットの始まりだそうです。
・クラリネット/ベニー・グッドマン
・トロンボーン/ジャック・ティーガーデン
・バイブラフォン/ライオネル・ハンプトン
ライオネル・ハンプトンはバイブを打楽器のように演奏しています。途中でハッハッハッと息をするところまで再現しており、ニヤリとさせます。
・ バイブラフォン/ ミルト・ジャクソン
ライオネル・ハンプトンと違い、これがモダンジャズだよと言わんばかりにスカした感じが良く出ています。
・テナーサックス/ソニー・ロリンズ
最後に「セント・トーマス」のフレーズが出てくるところはご愛敬です。
・テナーサックス/ ジョン・コルトレーン
コルトレーンまで出てくるとは思いませんでした。ロリンズとの違いが分かります。
・ベース/レイ・ブラウン
・ドラム/ジーン・クルーパ
昭和27、28年に来日し日本にドラム・ブームを巻き起こしました。この来日公演が無ければ石原裕次郎の「オイラはドラマー、やくざなドラマー…」も無かった筈。「シング・シング」のドラムが最も有名で私は「タンタンスタタン、スタタンタンタン…」と覚えていましたが、ちょっと違っているようです。
・ドラム/ バディ・リッチ
・ドラム/ ジョージ川口
彼は演奏同様、豪快な親分肌で松本英彦(ts)、中村八大(p)、小野満(b)らとビッグ・フォーを結成し大変な人気でした。ジョージ川口には面白い話が沢山ありますが機会があれば紹介します。
色んな人がボーカリーズをやってますがドラムをボーカリーズにしたのは世界を見回してもこれ以外にないでしょう。

次は前田憲男がアレンジの面白さとその腕前を十二分に発揮したアルバム「アレンジ虎の穴」から「枯葉」を素材にしてそれがアレンジによってどのように変化していくかを丁寧に説明しています。

講座編~音楽の歴史/枯葉を素材に~/前田憲男とウィンドブレイカーズ

同じく「アレンジ虎の穴」から。劇中音楽を録音する風景です。俺は現場でこんなに苦労してるのに、さっぱり儲からん、とぼやいているようです。彼は大阪人なので、大阪弁で二役やってますが、しゃべりは今市です。

実践編~劇伴の現場で~/前田憲男とウィンドブレイカーズ

昔、前田憲男や服部克久が編曲し、世良譲がピアノを弾き、伊東ゆかりやしばたはつみの歌でお姉さんたちが踊りまくる「サウンドインS」という番組がありました。自分は毎回夢見心地で見てました。こんな番組を作ってくれる人はもういませんかね。蛇足ですが、ジャケットの絵はとても素晴らしいんですが、左手にはコーヒーカップでなく、ロックグラスかシャンパングラスにして貰いたかったところです。

反日種族主義/李栄薫(イ・ヨンフン)編著

この本は昨年読んだ本の中で一番衝撃を受けた。前書きの次の章が「プロローグ 嘘の国」中見出しが、『嘘をつく国民』、『嘘をつく政治』、『嘘つきの学問』、『嘘の裁判』、『半日種族主義』。これは日本人が書いたのでは無く、韓国の経済学者である李栄薫の言葉である。要するに韓国人の言う事は全部嘘だと。

出だしは過激だが、それ以降はテーマ毎に冷静に、証拠に基づく事実、実証から学問的に述べている。中見出しの例を挙げると
4.日本の植民地支配の方式
5.「強制動員」の神話
7.朝鮮人の賃金差別の虚構性
12.独島 半日種族主義の最高象徴
16.ネバーエンディングストーリー「賠償!賠償!賠償!」
20.日本慰安婦問題の真実
22.韓日関係が破綻するまで―挺対協の活動史
等々。言うまでもなく、独島(竹島)は日本の領土であり、従軍慰安婦問題は朝日新聞が捏造した嘘であり、徴用工は実際には志願工であり賃金、待遇に格差は無かった事などが事実に基づいて語られてる。

逆に日本人が間違えている点も指摘されている。例えば最近「韓国が日韓基本条約(1965)があるにも関わらず更に賠償を要求するのであれば、日本が建設して韓国にそのまま残置してきたインフラ等の財産の代金を払え」という論が国内にある。しかし本書によればサンフランシスコ講和条約で日本が韓国を放棄する際、日本が建設した財産については「特別な取り扱いをする」と明記されており、 「特別な取り扱いをする」 とは 日韓基本条約にて日本が支払う賠償は賠償金と「特別な取り扱い」として現地に残したインフラ等の財産を合算すると定められており賠償交渉を通じて韓国の財産となっている。よって日本が所有権を主張する事は出来ない。また、日本の歴史学者から本書にある誤りが数点指摘されている。未だ決着がついている訳ではないが、日韓の学者同士で事実に基づき冷静に検討が進められているので、早晩決着するであろう。

韓国人の著者が韓国人は嘘つきだと言っており、文在寅政権の反日政策に真っ向から反旗を翻しているのであるから、韓国内での猛反発は当然の事として身の危険まで考える必要があるが、事実に基づく正しい歴史認識が日韓双方に芽生えなければ日韓の将来は無いという切実な思いが筆を執らせたのであろう。このような内容でありながら、韓国では20万部、日本では50万部のベストセラーとなっている。韓国の人口とGDPを勘案すれば韓国での大ベストセラーと言って良い。韓国では不景気と就職難に悩む若い層が本書を良く読んでいるようだ。

「反日種族主義」という聞きなれない言葉がタイトルになってる。この意味は長いがプロローグから引用する。「(前略)嘘が作られ拡散し、やがて文化となり、政治と司法を支配するに至った過ぎし60年間の精神史を、何と説明したらよいのでしょうか。人が嘘をつくのは、知的弁別力が低く、それに対する羞恥心がない社会では、嘘による利益が大きいためです。嘘をついても社会がそれに対して寛大であれば、嘘をつくことは集団の文化として広がっていきます。ある社会が嘘について寛大だと、その社会の底辺には、それに相応する集団の心理が長期にわたって流れるようになります。その流れているものは、一言で物質主義です。お金と地位こそが全ての幸福の根本だと言う価値観、お金と地位のためなら手段、方法を選ばない行動原理、これが物質主義です。(中略)さらに長期的かつ巨視的に物質主義の根本を追求して行くと、韓国の歴史と共に長い歴史を持つシャーマニズムにぶつかります。シャーマニズムの世界には善と悪を審判する絶対者、神は存在しません。シャーマニズムの現実は丸裸の物質主義と肉体主義です。シャーマニズムの集団は種族や部族です。種族は隣人を悪の種族とみなします。客観的議論が許容されない不変の敵対感情です。ここでは嘘が善として奨励されます。嘘は種族を結束させるトーテムの役割を果たします。韓国人の精神文化は、大きく言ってこのようなシャーマニズムに緊縛されています。より正確に表現すると反日種族主義と言えます。(後略)」

この引用は韓国民について書かれたものであるが、韓国を笑う事は出来ない。我々は正しい近現代史を教えられていない事もあり、歴史問題に関する「知的弁別力」が低くく、 戦後朝日新聞が垂れ流す嘘を頭から信じてしまい「ここでは嘘が善として奨励されます。」 そして「客観的議論が許容されない不変の敵対感情」が醸成され世界の情勢は急速に動いているにも関わらず、左翼やリベラル、保守と称される人々との間で不毛の論争が続けられている。

本書では深く触れられてはいないが、元々韓国のものという意味で「ウリジナル」という言葉がある。「ウリ」はweの意味でウリとオリジナルを合わせた造語。例えば空手は韓国で発祥したと言う。勿論嘘であり、鼻で笑って誰も相手にしなかった。しかし韓国はこの嘘をしつこくIOCに刷り込んだ。(実弾攻撃もあっただろう)。IOCは遂に篭絡されテコンドーなどという明らかに戦後(1955)発祥であるミョウなものを五輪種目にしてしまった。 東京五輪では開催国特権(?)で空手が五輪種目に採用されたが、次のパリ五輪では空手が国際的に認知され競技人口が多いにも関わらず、テコンドーのみが採用される可能性が高い。その他、茶の湯等々日本古来のものも殆どが韓国発祥と言い募っている。実に面倒であるが、これらの嘘に一つ一つ丁寧に反論していかなければ今後もテコンドーのような事態が生じる可能性がある。