ヒマつぶしの作法/東海林さだお

東海林さだお氏は漫画家であるが、エッセイも多数上梓されており、過去のヒマつぶしに係るエッセイを集めたのが本書である。

言うまでも無い事であるが、「ヒマ(な状態)にしている」と「ヒマつぶしをしている」とは全く違う。本書では著者がこれまでに経験した数々の「ヒマつぶし」が紹介されている。ルンバ(掃除機)を眺める、釣り堀、洗濯、はとバス、ダンス、テニス、キャバレー、料理、ストリップ、熱海温泉等々。これらをかなり正確に記録し、得意のイラストも使って半笑い(或いは企まざるユーモア)溢れるエッセイに纏められている。チコちゃんに叱られる程度にボーっとしていては決して出来ない仕事である。

極め付きは温泉旅行である。「正調温泉一泊作法」というエッセイの冒頭を引用する。「『たまには温泉にでも行って、ノンビリしてくっか』誰しもそう思う。そう思って、出かけて行ってですね、一度でも《ああ、ノンビリした。楽しかった。いかった》と、帰って来たことがありますか。なんだかひたすらあわただしかった。あれもしたい、これもしたい、と、ウロウロしたけど、結局何もできなかった。ちっともいくなかった。というのが、ごく一般的な、いつわらざる感慨だと思う。(中略)それはなぜか。それは誰もが、″正しい温泉旅行のあり方″というものを認識していないからなのだ。つまり、″正しい温泉旅行の教典″がないからなのだ。」

そこで編集部の二名を加え三人で正しい温泉旅行の規範を作ることになった。まず、泊数であるが「全体をキリリとひきしめたい」との理由で一泊が正統と決定。これより「表温泉旅行道一泊派」を名乗ることにする。宿泊地は熱海、移動は新幹線。宿泊は「当然和風旅館、畳の間、浴衣、丹前、頭に手ぬぐい、廊下スリッパペタペタの世界が現出されなければならない」。この調子で教義がどんどん定まって行く。「しなければならないこと」は射的、浴衣スリッパピンポン、芸者、パチンコ、スマートボール、湯の町遊弋、マッサージ、お土産、ホテルのレビューショー。これらを満足できるのは「ホテル ニューフジヤ」。そしてホテルには午後5時に着かなければならない。

これらの教義を定め最終的に決定した作法は;
5時:ホテル到着
6時:入浴
7時:夕食
8時:外出(射的)
9時半:OSK日本歌劇団レビューショー
10時:芸者到着
12時半:マッサージ到着
1時半:就寝
翌朝7時:起床直ちに朝風呂
7時半:朝食+朝ビール

そして温泉一泊旅行の神髄を悟る。曰く「温泉一泊旅行の神髄は、実は朝風呂ではなく朝ビールであると。朝風呂は朝ビールに至る道程であったと。われわれは遂に一泊温泉の奥義を極めたのだ。『温泉一泊旅行といふは、朝ビールと見附けたり』」。少々補足すれば前夜の所業は朝風呂への、朝風呂は朝ビールへの道程/助走であったと。

ヒマつぶしはボーッとしていては成らず、日程を考え、段取りを考え、予算を考え、その他、諸事百般を頭に入れ、真面目に本気で取り組まなければならない。そうでなければ、後世に語り継がれるような立派なヒマつぶしを成就する事は出来ない。本書の教訓を肝に銘じて自身のヒマつぶし人生の参考としたい。

余談であるが、本書には腰巻の惹句にあるように、いとうせいこうとの対談(2019年夏収録)がある。私は、彼の髪型が変なので余り良い第一印象を持っていなかったが、本対談で披露された発想力は素晴らしいと感じた。「いとう 僕は物事をものすごく忘れるんです。そこでど忘れしたことを思い出したら、その喜びを筆ペンで書いて残すことにしたんです。(中略、サンドウィッチという言葉が出てこなかったとすると)それを後から見てなぜサンドウィッチが出てこなかったんだろうかと自問する。なぜそういうことが起きてしまったんだろうかと。サンドウィッチ伯爵に対しての何かが僕の中にあって抑圧しているとか。自分の弱点を趣味化したんです。」

この提案にショージくんは大いに賛同し、いつでも記録に留める事が出来るように矢立を持って歩くべきだ等々、話が随分広がっていった。確かに面白い試みである。年々歳々ど忘れ、特に人の名前が出てこなくなった自分としてはそれを記録して振り返るのは一つのヒマつぶしになりそうだ。但し、忘れたことを忘れてしまってはどうしようもないが。

決算!忠臣蔵

「決算!忠臣蔵」という映画を見た。堤真一が大石内蔵助。勘定方の矢頭長助を岡村隆史が演じる。(但し矢頭は途中で死んでしまう)。浅野内匠頭は阿部サダヲであるが、どうも「いだてん」のマーちゃんのイメージが被り、何となく違和感があった。その他、脇役にも沢山人気者が登場し、豪華な配役である。

当時の蕎麦一杯は十六文であるが、現在の蕎麦一杯を480円として一文30円で全ての物価を換算するという字幕が冒頭に出る。一両=四分=十六朱=四千文。一文を30円で換算すると一分は千文なので3万円、一両は四分で12万円になる。

討入を決意するまでの経緯が結構笑えるが、討入と決まった時の予算は9500万円。ここから諸経費が引かれ、矢頭ら勘定方は予算内に収めようと頑張るが字幕に出る残金がどんどん目減りし、最後には討入志願の100名以上の侍をリストラして四十七士まで削る。それでも赤字になるところであったが、討入を浅野内匠頭の命日である3月14日から月命日の12月14日に変更し、三か月分の生活費、経費を浮かして何とか討入が出来た。映画では討入の演習はあるが、実際の討入場面は無い。なんでも討入の無い忠臣蔵映画はこれが2作目なんだそうです。

落語を聞いていると十六文の蕎麦を一文かすめる「時そば」から一文も無くなった宿屋の客が千両富を当てる「宿屋の富」等々金にまつわる噺は色々ある。それらを聞いていると何となくその当時の物価みたいなものが分かってくるような気がする。江戸時代の物価は討入のあった元禄十五年(1702)と幕末ではかなり違う筈であるが、元禄時代と限定してもこの映画で言うところの一文30円、一両12万円は少々高いのではないか。

落語には駕籠に乗る時、どこそこへ二百(文)でやっとくれ、とか五百(文)でどうだ、などと言う場面がよく出てくる。駕籠賃の交渉であるが、二百は6,000円、五百は15,000円になる訳で、今どきのタクシーと考えてみてもそれ程安くは無い。或いは吉原の宵勘で二分いくら取られたが女が来ないと嘆く場面でも二分は60,000円となり、高い感じがする。(宵勘とは女郎が来る前に玉代を払う。振られると誰も来ない)

一般的には一両10万円という人が多い。これは当時と現在の米価を比較して目算を付け、キリが良いという事でこの値にしたのだろう。これだと一分が25,000円になるが、私の感覚では一分20,000円位の感じである。そうすると一両が80,000円、一文が20円。よって二八蕎麦十六文は320円になる。今でも立食いかけ蕎麦なら320円で食える所はありそうな気がします。

映画としてはどうなんでしょう?私が最近見た邦画では中井貴一主演の「記憶にございません」よりは良いと思います。

そんな事より気になるの/タブレット純

タブレット純は元マヒナスターズのメンバーだった事もあり、何枚かムード歌謡的な歌を出していますが殆ど売れていません。今年は新曲「夜のペルシャ猫」を出しましたが、これも売れていないので自分のラジオ番組で何度も掛けています。しかし残念ながらこれと言った効果は表れていないようです。

この歌はまともなムード歌謡なんですが、寄席やライブでは小学生の時の算数の文章題をネタにして替歌のよう歌って笑いを取っています(ネタバージョン)。自分の持ち歌をお笑いのネタにしてしまうのは珍しいパターンです。

そんな事より気になるの/タブレット純
トホホ度 ★★★☆
お笑い度 ★★★
意味不明度 ★★★
そんな事より気になるの(ネタバージョン)/タブレット純

ことわざアップデートBOOK/TOKYO MX「5時に夢中!」編

東京MXTV(9ch.)で月曜から金曜、午後5時から「5時に夢中」という番組がある。司会は月~木がふかわりょう、金曜日が原田龍二。日替わりのレギュラーコメンテーターと日替わりゲストが登場する。この番組は2005年に始まり、マツコ・デラックスやミッツ・マングローブを世に出している。超売れっ子になったマツコもこの番組に恩義を感じているのか、安いギャラにも関わらず、毎週月曜日に出演している。

「ことわざアップデート」は人口に膾炙することわざを、今風にアップデートするという興味深い試みである。既に始まって5年を経過し、この間の作品を纏めたのが本書である。現在は毎週木曜日に「名人」岩井志麻子(作家)、「師範代」中瀬ゆかり(新潮社出版部長)、「見習い」ジョナサン(芸人)と視聴者の案を紹介し、その回のベストをふかわが選出する。最近の作品は下ネタが多く、TVではケラケラ笑いながら見ているが、それを文字として読むと結構エグイ。きついのは避けて作品のいくつかを引用する。

<2015>
● 溺れる者はワラをも掴む → 欲求不満な者は蒟蒻をも掴む
● 石橋を叩いて渡る → 警察にセコムする
● 泣きっ面のハチ → 金欠病に住民税
● 玉にキズ → フェラーリに5時夢ステッカー
● 花より団子 → ブラピよりカルビ
● 寝耳に水 → 窓の外にお兄さん
● 猫に小判 → ハゲにリンス

<2016>
● 水と油 → 港区と足立区
● 糠に釘 → ハゲにクシ
● 武士は食わねど高楊枝 → ブスはナンパされねどピンヒール
● 匙を投げる → 体重計を捨てる
● 触らぬ神に祟りなし → 発言しなけりゃスベリなし
● 風前の灯火 → 台風の前のビニ傘
● 軒を貸して母屋を取られる → 一口頂戴で皿ごといかれる

<2017>
● 井の中の蛙大海を知らず → 胃の中のカルビ体形を知らず
● 犬が西むきゃ尾は東 → 全裸で町出りゃ手は後ろ
● 虎の威を借る狐 → Lの衣(装)借りるとキツめ
● 賽は投げられた → パイは舐められた
● 藪をつついて蛇を出す → エゴサーチして涙出す
● 捨てる神あれば拾う神あり → 捨てるキー局あれば拾うMXあり
● 毒を喰らわば皿まで → 娘を喰らわば母まで

<2018>
● 雨降って地固まる → デキちゃって籍固まる
● 金持ち喧嘩せず → Gカップ胸寄せず
● 泥棒を見て縄をなう → ラブホに入って腹筋なう
● 破れ鍋に綴じ蓋 → 草食男子に肉食女子
● 一寸の虫にも五分の魂 → 無職にも曜日感覚
● 帯に短し襷に長し → セフレには重たし彼女には違うし
● 貰うものは夏も小袖 → 貰うものはハゲもカチューシャ

毎回結構な下ネタを出す回答者又は放送作家の才能には脱帽である。しかし、よくまあこんな本を出すなあと思う反面、予約して買う馬鹿もいるので、まあ、よしとしょう。

全くの余談であるが、例の原田龍二の黒のランクル事件が文春に出たのが5月30日(木)。翌31日(金)の5時に夢中は彼が司会。アシスタントはミッツ・マングローブ、レギュラーコメンテーターが中尾ミエ、ゲストがホリエモン。この3人で原田龍二に言訳をする暇も与えずイジリまわし、大笑い。翌週の6月5日(水)13時からのデイズ(ニッポン放送)は原田龍二担当でアシスタントはニッポン放送アナウンサーの東島衣里。東島は冒頭から、今回の件についてキチンとリスナーに説明して頂きます、とか、奥様にはどう報告されたんですか?等と詰問調で迫り、ついに原田龍二は泣いてしまう。東島アナは真面目で良いんだけれど原田を攻めているのを聞いても面白くもなんともない。これまで出てなかった話を引き出し、5時に夢中の様に笑いに変えてしまう度量が欲しかった。