ラストダンスはヘイジュード/ザ・キングトーンズ

ザ・キングトーンズのリードボーカルだった内田正人さんが今年の2月にお亡くなりになりました。 いつも黒メガネで、高い声が響く歌手でした。ザ・キングトーンズには「グッド・ナイト・ベイビー」の大ヒットがあり、これだけの一発屋と思われていますが、日本初の本格的ドゥ・ワップ・グループとして活躍していました。(彼らのデビュー当時は ドゥ・ワップと言う用語はありませんでしたが) 特に、山下達郎や大瀧詠一等のミュージシャンは彼らを高く評価しています。内田正人が亡くなりなった時、山下達郎の「サンデー・ソングブック」は二週続けて追悼特集でした。番組で山下達郎は何度か「出てくるのが早すぎた」と語っています。確かにそうかもしれませんが、キングトーンズがあったから「シャネルズ」が生まれた訳で、後輩に多大なる影響を与えています。

この曲は大瀧詠一が「ラストダンスは私に」(Save the last dance for me)と「へイ・ジュード」のコード進行が似ているところに目を付け、二曲をくっつけるという洒落たアレンジを加え、これをキングトーンズが見事に歌っています。ヘッドフォンで聞くと左右に分かれて二曲が聞こえます。

最近はこういう楽しい遊びを真面目にやってくれる人がいなくなりました。前田憲男、服部克久、海外ではミシェル・ルグラン、クラウス・オガーマンらを始めとする遊び心のあるアレンジャー達が、聴いているとついニヤリとしてしまうような素敵な曲を聞かせてくれてました。シンガー・ソングライターのオリジナル曲も良いのですが、たまにはプロの技を堪能したいものです。

蛇足ですが「 ラストダンスは私に 」は越路吹雪の歌で有名ですが、原曲は米のドリフターズ (The Drifters)のヒット曲です。

 

トホホ度 ★★☆
お笑い度 ★★☆
意味不明度 ★★