なぜか埼玉/さいたまんぞう

「翔んで埼玉」という映画を見た、一人で。コンセプトは単純で東京、千葉、神奈川などからディスられる「ださいたま」を大袈裟にして映像化したという感じである。原作を読んでいないので、事前の想像とは違っていたが、さいたまが云われなき差別に負けずに頑張る、かつBL絡み、という大活劇となった。 配役は豪華で、二階堂ふみは原作の漫画に合わせてはまり役に見えた。しかし、GACKTと京本政樹と伊勢谷友介の3人が揃うと中々の迫力である。麿赤児にも笑えました。

気楽に笑える映画ではあるが、自分としてはもう少しエグイ、ディすり方を期待していた。例えば春日部と聞いただけで気分が悪くなるというシーンがあったが「春日部は〇〇だから気分が悪くなる」と理由を付けてキチンとディスって欲しかった。この映画を見てディスられている埼玉県人は喜んでいるらしいが、東京でありながらチクッとディスられた田無市(現西東京市)や狛江市の住民はひょっとしたらムカついているかもしれない。

映画が始まると程なく、娘の結納のために熊谷から東京へ軽4ワゴンで農道を走るシーンがあり、カーラジオ(NACK5)が都市伝説と称して話を始め、これが物語の前振りとなる。(軽4ワゴンを運転していたのはブラザートムで久々に元気な姿を見られました。) そこでいきなりこの歌が流れた。この歌がどこかで出てくるとは思っていたが、冒頭からとは意外であった。さいたまんぞうは最近は見かけないが、元気に草野球の審判をやっているという噂を聞いている。さいたまんぞうの歌は玉石混交であるが、このブログでは以前、彼の「さいたまオリンピック音頭」を取上げている。なんとか埼玉に五輪を誘致したいという埼玉愛溢れた佳曲です。

この映画の主題歌は「はなわ」の歌う「埼玉県」でエンドロールに被せて流れた。しかし、歌詞が変わっているような気がする。過激な部分は変更されているようだ。歌詞は変更されているけれど悪くはない。〽さいたま市はひらがな 漢字読めないのかな〽という部分は笑った。

トホホ度 ★★★
お笑い度 ★★☆
意味不明度 ★★★☆