Longest Nose No. 1 / Jun Miura

今年のNHK大河ドラマ「いだてん 東京オリムピック噺」は日本初の五輪出場選手である金栗四三の物語で、現在はストックホルム五輪への旅費、滞在費を兄が工面してくれて感激しているところです。「いだてん」には日本初のスポーツ倶楽部である天狗倶楽部の面々が登場し、前半の筋立てを盛り立てて (?) いるようです。

これを見たみうらじゅんは、やっぱ来たでしょ!天狗に最初に目を付けたのは俺なんだ、と自慢していました。「いだてん」の視聴率が振るわないこともあって本当に天狗が来ているかどうかは分かりませんが、前回紹介した「マイ遺品」のひとつとしてオワコン感溢れる天狗のお面や玩具を密かに収集していたみうらじゅんはやはり大したもんだと思います。

彼は天狗好きが昂じて遂にこんな歌まで出してしまいました。天狗と言わず “Longest Nose No. 1” という題名はかなりトホホ度が高いですが、曲はイマイチで、お笑い度は高得点という訳にはいきませんでした。しかし「テ~ント張ってグー」とか「ボーンと鳴ってノオー」という意味不明のオシャレなリフレインがありましたので、意味不明度は4つ星にしておきました。

ジャケットは彼自身のイラストです。ペンギンが天狗のお面を被っているようですが、それにしては背中が白く、背と腹が逆転しています。実はペンギンではないらしく、これはこれで良いんだそうです。

 

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★★
意味不明度 ★★★★