そんなもんだよ しょうがない/昭和のいるこいる

最近、本に関する投稿が多く、このブログ本来の「あなたをトホホと言わせたい」という趣旨から少々逸脱しているのかな、という気もします。そこで、トホホと言わせてくれそうなのいるこいるを取上げてみました。

この前、久々に「エンタの神様」を見た。しかし、なんか面白くない。この番組が始まった頃は腹を抱えて呵々大笑だったんですが、歳のせいでしょうか?最近は前にも言ったかもしれませんが、顔半分でハハんと笑える半笑い位が丁度良い気がしており、余りアクションや衣装や奇声の激しいコントは疲れる感じもあります。やはりしゃべくり漫才が安心です。

この歌は最近「先生」と呼ばれている高田文夫の作詞です。先生は結構色々作詞をしており、今度高田文夫作詞曲を特集してみたいと思います。この歌は歌詞はまあまあですが、玉置浩二の作曲が今市の感じがあります。その次はのいるこいる35周年の記念漫才です。彼らの漫才は常に全く同じパターンで安心して聞けます。マンネリの効用でしょうか。

 

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★★
意味不明度 ★★☆
(1)そんなもんだよしょうがない 作詞:高田文夫 作曲:玉置浩二
(2)昭和のいるこいる 35周年記念漫才

結婚してチョ/かまやつひろし

グループ・サウンズ全盛時代の色んなバンドの中でスパイダースが一番好きでした。スパイダースは堺俊二の息子である堺正章と井上順が前で歌っていましたが私は、かまやつひろしが作詞作曲した「フリフリ」、「バンバン」やジョンリーフッカーのカバーである「ブンブン」が単純で覚えやすく、かまやつのファンになりました。

かまやつひろしがスパイダースに入団する以前は、水原弘、井上ひろし、かまやつひろしで「三人ヒロシ」と呼ばれていた。と、此処まではどこにも書いてありますが、実際どうだったかという資料は余りありません。

スパイダース入団以前の二年間はテイチクの専属でした。タブレット純の研究によれば、その間シングルを19枚出していますが全く売れなかったようです。テイチク時代の音は「かまやつヒロシの俺の歌を聞いてくれ」というCDに纏められています。勿論今は廃盤で、中古盤を長い間探してましたが、やっと入手できました。収録された歌の中で洋盤のカバーはそれなりに聞けますが、オリジナル曲はトホホ度満載の訳分からん歌ばかりです。タブレット純が生前インタビューしたところ、自分の本意ではなかったが会社の指示でしょうがなく歌わされたと言ってたそうです。

テイチク録音歌曲を集めたCD

今回は、このCDの中でもかなりトホホ度の高い「結婚してチョ」を選んでみました。何度か繰り返される「結婚してチョチョ」という歌詞が実に間抜けでトホホ感満載です。「何々してチョ」という言い回しは最近聞きませんが、昭和の時代には確かにありました。富永一朗の漫画「チンコロ姐ちゃん」が初出のような気がしますが、定かではありません。尚、冒頭のジャケ写はCD解説書の中に当時のシングル盤のジャケットの写真が何枚かありましたので、これをコピーしました。

トホホ度 ★★★★☆
お笑い度 ★★★☆
意味不明度 ★★★

ダスターシュート・ベイビー/畑中葉子

ご承知の通り、畑中葉子は故平尾昌晃とデュエットした「カナダからの手紙」が大ヒットした後、エロ路線に転じ「後ろから前から」、「もっと動いて」という名曲を発表しています。またビートたけしとの共演で「丸の内スト-リー」という少々笑える歌もあります。

この歌もその路線の続きですが、これまでとは少々趣が異なります。一番の歌詞を引用してみます。

汗ばんだ首筋に はりつく髪
かきあげて後から あなた誘う
「アレがないの」突然言うと
ホラ体の上のあなたの動きが止まるわ
「冗談じゃないぜ 始末しろ」なんて
女いつでも獣よ しなやかに生きるわ
生まれてくる者たちを 拒みはしないわ

責任なんて 言わないわ
安心して お行きなさい Ah….
乱れて乱れて 絹を引きさいても
すましてすまして ルージュ引けるのよ

少し手を入れたくなる歌詞ですが、結構キツイ事言ってます。 タイトルも当時の世相を反映した凄いタイトルです。昭和というのは実に奥深い良い時代でした。今ではとてもぢゃないが無理でしょう。こんな内容なのでトホホ度は高いですが、お笑い要素は余りありません。

こういうテーマの歌は少ないと思いますが、私が一つ思い出すのはマイケルジャクソンの「ビリー・ジーン」(Billie Jean)です。歌詞の一部を引用してみます。

Billie Jean is not my lover/ビリー・ジーンは僕の恋人じゃない
She’s just a girl who claims that I am the one/ 彼女は僕が相手だって言ってるただの女の子さ
But the kid is not my son/ でも、その子は僕の息子じゃない
She says I am the one, but the kid is not my son/
彼女は僕が相手だって言ってるけど、その子は僕の息子じゃない  

探せばこの種の歌はもっと出てくるかもしれませんが、”Billie Jean”は世界中で知られている大ヒット曲で、これ以上のものは無いでしょう。

 

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★☆
意味不明度 ★★


ウルトラCでやりましょう/二宮ゆき子

東京五輪切符の抽選申し込みはややこしかったですね。カートに入れて、電話もちゃんと掛かったので完了と思ってログアウト。しかしtokyo2020からメールが来ないんで、不審に思い、やり直したらOKになりました。カートに入れた時点で完了と誤解した人も結構いたようです。自分が申し込んだ切符は全部当たると100万円越えなので少々不安もありましたが、結局陸上競技が4枚で、まあまあの処に納まりました。しかし、PCに慣れない年配のに方は無理ですね。

オリンピックの歌となるとやはり三波春夫の「東京五輪音頭」だと思いますが、他にも色々ありました。この歌もその一つです。「ウルトラC」は体操競技でC難度を超える画期的な美技という意味で、当時の流行語になりました。この「ウルトラ」が後のウルトラQとかウルトラマンの元になったという説もあります。 現代の体操ではG難度まであり、当時の難易度Cは今では簡単な部類に入るようです。 処で「ウルトラCでやりましょう」というのは、どういう意味なんでしょう?今までにない新しい技でやりましょう、という事なんでしょうか?

この歌の歌詞は全般的に中々面白いですが、特に3番はトホホ感溢れてます。

色気あるのに ない振り見せて
淑女ぶるのは およしなさい
男心を 顔で読み
お酒飲ませて そのあとは
ウルトラCで やりましょう

これは今で言う逆ナンでしょうか?

全般的に意味は分かりやすいのですが、トホホ度、お笑い度は高得点になりました。この歌はジャケ写からも分かるように当時大ヒットした「まつのき小唄」のB面です。ついでにA面もリンクしておきました。

しかし、来年の東京五輪に関する歌が無いわけでは無いでしょうが、今市盛り上がりませんね。どなたか「東京五輪音頭」に匹敵する新しい国民歌謡を作ってほしいものです。

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★★☆
意味不明度 ★★☆
ウルトラCでやりましょう
まつのき小唄

どうするの赤坂/山田邦子&高嶋政伸

高島家は芸能一家で有名ですが、色々と話題も多いようです。家長の高嶋忠夫は洒落た芸風の二枚目でしたが、糖尿病とか鬱病とかで、既に他界されてたかと思ってましたが、調べてみるとご存命でした。三男の政宏氏は若いころからヘビメタ好きで通っており、その業界筋では有名人でしたが、最近は自身でSM好きと公言され、飲み会では終始一貫、下ネタなんだと自慢しておりました。そのSM好きが高じて「変態紳士」という本を上梓されました。

早速読んでみたんですが、これが丸で駄目。トンデモ本にもなれない駄本。本人が書いた、いやゴーストライターだ、とかそういう問題でもない。SMが好きでSMショーを見に行った。どこそこのSM劇場のママさんとは顔馴染みとか今は無きナントカ劇場が良かったとか。そういう話で第一章が終わり、後はだらだらと食レポ的雑談とロックの話。腰巻の「プライドを捨てて変態をさらしたあの日から大切な人たちに愛されはじめた」という文句が空虚に響く。さすがにプロのコピーライターは大したもんだと思います。多分よほどの高嶋政宏ファンで無ければ私と同じ感想でしょう。(こんな本買った自分が情けない)

そこで彼をディスろうと思い、彼の歌を探してみましたがありません。よって連帯責任(?)で次男の高嶋政伸と山田邦子がデュエットしているこの歌にしました。カテゴリーは「珍盤・奇盤」としましたが、ボヤっと聞くと昭和の時代のムード歌謡という感じです。しかし、この歌にはマジなのか受け狙いなのかが私のような専門家でも判断が難しい部分があります。という訳で採点はちょっと甘めになりました。

トホホ度 ★★★
お笑い度 ★★☆
意味不明度 ★★★

ラストダンスはヘイジュード/ザ・キングトーンズ

ザ・キングトーンズのリードボーカルだった内田正人さんが今年の2月にお亡くなりになりました。 いつも黒メガネで、高い声が響く歌手でした。ザ・キングトーンズには「グッド・ナイト・ベイビー」の大ヒットがあり、これだけの一発屋と思われていますが、日本初の本格的ドゥ・ワップ・グループとして活躍していました。(彼らのデビュー当時は ドゥ・ワップと言う用語はありませんでしたが) 特に、山下達郎や大瀧詠一等のミュージシャンは彼らを高く評価しています。内田正人が亡くなりなった時、山下達郎の「サンデー・ソングブック」は二週続けて追悼特集でした。番組で山下達郎は何度か「出てくるのが早すぎた」と語っています。確かにそうかもしれませんが、キングトーンズがあったから「シャネルズ」が生まれた訳で、後輩に多大なる影響を与えています。

この曲は大瀧詠一が「ラストダンスは私に」(Save the last dance for me)と「へイ・ジュード」のコード進行が似ているところに目を付け、二曲をくっつけるという洒落たアレンジを加え、これをキングトーンズが見事に歌っています。ヘッドフォンで聞くと左右に分かれて二曲が聞こえます。

最近はこういう楽しい遊びを真面目にやってくれる人がいなくなりました。前田憲男、服部克久、海外ではミシェル・ルグラン、クラウス・オガーマンらを始めとする遊び心のあるアレンジャー達が、聴いているとついニヤリとしてしまうような素敵な曲を聞かせてくれてました。シンガー・ソングライターのオリジナル曲も良いのですが、たまにはプロの技を堪能したいものです。

蛇足ですが「 ラストダンスは私に 」は越路吹雪の歌で有名ですが、原曲は米のドリフターズ (The Drifters)のヒット曲です。

 

トホホ度 ★★☆
お笑い度 ★★☆
意味不明度 ★★

平成5・5音頭/村田英雄・坂本冬美

ここのところ何でも「平成最後の」を付けるので耳タコ状態ですが、いよいよ押し詰まってまいりました。そこで当方もその勢いにあやかって村田御大の音頭です。

歌詞から分かるように平成元年の録音です。当時は昭和天皇崩御のため、喪に服するという気分が横溢しており、題名に平成が付く歌は意外に少ないようです。しかし、この年が村田英雄芸能生活55周年なので”Go Go”にかけて敢えて音頭を作ったのでしょう。どういう経緯で坂本冬美との共演が始まったかは分かりませんが、この二人のデュエット色々あります。

石本美由紀作の歌詞を見ると演歌の王道、音頭の王道という感じで、ツッコミどころが無いわけではありませんが、ここで、ディするのは止めておきましょう。

トホホ度 ★★★
お笑い度 ★★☆
意味不明度 ★★

そりゃあないぜセニョリータ/ケーシー高峰

ケーシー高峰さんがお亡くなりになりました。山形県出身。享年85。芸名は昔々の医療ドラマ「ベン・ケーシー」からケーシー、高峰は一目ぼれした高峰秀子から採ったそうです。代々医者の家系で日大医学部に入学したものの、演芸に目覚めて同芸術学部へ転部しました。

半袖の白衣と黒板で下ネタ連発の芸風はどこでも大ウケ。昨日のサンケイスポーツに毒蝮三太夫が思い出を語っています。「約40年前に二人でNHKから”出禁”になったことも。理由?俺は名前がふざけている、ケーシーさんはエロ漫談だからって。2人で『出るもんか』ってさ。最近は『出てくれ』だろ、NHKも変わったよね。そうそう、立川談志もケーシーさんと仲がよかった、尊敬してたよ。『俺の前に(ケーシーさんを)出すな。俺がウケなくなるから』ってさ。」

BS朝日では4月18日(木)21時からケーシー高峰が出演する「お笑い演芸館+」を急遽再放送するそうです。浅草、東洋館の舞台で司会のナイツとのやりとりも楽しそうです。

この歌は斉木克己作詞、村井邦彦作曲で、昭和の懐かしい香りがしています。
〽夜のオアシス スナックで レイキなナオンがベシャッてる。
今時「レイキなナオン」などという人はさすがに居ないでしょうね。全体に自虐感溢れる歌詞で、2番が今市ですが、トホホ度は四つ星にしておきました。

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★★
意味不明度 ★★★

万葉集/植木等

新元号「令和」が万葉集由来という事で、最近大宰府への観光客が随分増えているそうです。当方もこれにあやかって植木等の「万葉集」です。万葉集をテーマにした歌謡曲はこれだけぢゃないでしょうか?(勿論全てを調べたわけではありませんが)

作詞は永六輔、作曲は中村八大のコンビで、植木等がまず万葉集の一句をよんで、その中身に沿って色々愚痴を言うという仕掛けです。

世の中は空しきものと知るときしいよよますますかなしかりけり
大伴旅人

ますらをや片恋せむと嘆けども醜のますらをなほ恋ひにけり 
舎人皇子

銀(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむに勝れる宝子に如かめやも
山上憶良

しかし、万葉集というものを読んだことが無い浅学菲才の自分としては肝心の句の意味がちゃんと分かってないので、その後の歌詞がぼんやりしてしまいます。歌詞の最後に
〽万葉集 読んでつらつら おもんみた 植木等の 学のあるとこ
……なんともはや 
とあり、全くその通りであります。いくら現在万葉集が来ているといってもこんな歌は二度と出ないでしょう。

採点のトホホ度と意味不明度は、この歌に限っては自分の残念さです。

トホホ度 ★★★
お笑い度 ★★
意味不明度 ★★★

兄貴のブギ/萩原健一

最近、芸能人の訃報が続いていますが、ショーケンは意外でした。デビュー当時のテンプターズでは、ジュリーと競い合う大変な人気でした。ヒット曲はたくさんありますが〽オーママ、ママと歌った「おかあさん」が当時のレコード大賞にあった「童謡賞」を取りそうになったのには半笑いでした。水谷豊と共演した「傷だらけの天使」は当時としては斬新で、カッコ良く見えました。共演の水谷豊がアーニキィ~と言ってショーケンについて行くところは毎回お約束でした。このドラマを撮った代々木会館は、昭和、平成、令和(まで後一ヶ月)と三代生き延びて未だ現役です。

「前略おふくろ様」では口数少ない板前姿が決まってました。梅宮辰雄はこの番組の為に板前修業をし、それ以降調理に嵌ったそうです。海ちゃん役の桃井かおりは既に日活ロマンポルノに出ていましたがTVは実質デビュー作で、強烈なキャラクターがインパクトありました。独特な話し方を真似た清水ミチ子には笑わせて頂きました。つらつら書いていくとキリが無いですが、色々事件も起こし、危なげなところがショーケンの魅力(?)でしょうか。今ではこういう芸能人は棲息できません。

この歌は「傷だらけの天使」の頃のハチャメチャ感があります。但し、B面という事もあり歌そのものの作りは今市で歌詞も聞き取りにくいところがありますが、友情出演の水谷豊が萩原健一との掛け合いで昔なつかしい、アーニキィ~を聞かせてくれてるお宝音源です。採点は水谷豊の出演があるがのでトホホ度は二つ星になりました。

トホホ度 ★★
お笑い度 ★★★☆
意味不明度 ★★★