俺たちの時代/西城秀樹

西城秀樹が亡くなってはや一年。もう喪が明けたという前提で秀樹のトホホな歌を探してみた。かつて山口百恵が京浜急行の横須賀から品川までの快速停車駅をひたすら歌う「I CAME FROM 横須賀」を本ブログ認定トホホ曲に選定したことがあります。この調子で秀樹にも何かある筈だと探しましたが、無い。その調査の過程でみうらじゅんがこの歌について「ヒデキのモッコリ」と述べているのを見つけました。確かにジャケ写を見るとモッコリのようにも見えるが、位置関係が少々違う様な気もする。歌は秀樹らしい能天気な内容で加も不可もないという感じですが、ジャケ写にトホホ感があるため、これを選んでみました。しかし、剥き出しの両足はとても綺麗です。

股間の表現、処理については古今東西、多くの人がひどく悩み、多くの人が全く悩でいません。この問題について日本人の研究書があります。木下直之著「股間若衆」と「新股間若衆」。著者によれば書名は「古今和歌集」のもじりだそうですが、股間は若衆だけのものでは無いので、余り良い題名とは思えません。本書の副題に「男の裸は芸術か」とありますが、女の裸が芸術であって男の裸が芸術でないとすれば、これはひどい差別であります。

股間の問題で一番頭を悩ませるのは彫刻家でしょう。例えばミケランジェロのダビデ像のような作品を作る場合、まずはモデルを誰にするかから始まって、どこまで忠実に再現するか、頭を悩ませます。これについてかつて著者が「タモリ倶楽部」に出演して、実際に日本の色々な作品を見ながら解説されました。忠実に再現されたものもありましたが、それはTVには映せないという事で胡麻化した例が紹介されました。誤魔化すために無かった事にする、或はその辺りを盛り上げてしまうという情けない形になっていました。隠すのであれば褌とかパンツを穿かせれば良いような気がしますが、芸術家魂としてそれは出来なかったのでしょう。

ギリシャ、ローマの時代は殆ど隠していないようです。ローマには股間に葉を被せた彫像が多くありますが、これらは後年原作に加えたようです。ローマのシスティーナ礼拝堂にあるミケランジェロ作の「最後の審判」は後年原作の股間に絵の具を塗って隠しましたが、前回の大修復の際に書き加えられた絵の具の除去作業を行うことになりました。ところが、作業途上で、蛇がチンチンに噛みついている場面が現れ、これを見て除去作業を中止したそうです。よって現在、絵の具で隠れているのといないのが混在しています。古代には自由で逢ったものが隠されるようになったのはキリスト教の影響でしょう。諸悪の根源はキリスト教であると私は思っています。

ところで、私はこの本を未だ読んでいません。このブログで読んでいない本を取り上げるのは初めてです。読みましたら感想を述べさせて頂きます。

いとしのレイラ/デレク&ザ・ドミノス

新潮社の中瀬ゆかり出版部長がTVで武道館でのエリック・クラプトン公演に行った時の話をしていた。満席の観客は大いに盛り上がっていたが、終了間際に「いとしのレイラ」が始まると館内総立ちで、クラプトンの「レイラァ~」に合わせて観客全員が「レイラァ~」と叫びはじめ、それがすぐに「レイワァ~」に変わって大合唱となった。また次の曲は「コケイン」(Cocaine)だったようで、中瀬部長は日本人のプロモーターが入れ知恵したんぢゃないか、と言って笑ってました。ただそれだけの事なんですが、何となく面白いので、記事にしてみました。

梅はさいたか/美空ひばり

春が来るというので、何かそれらしいのを探していたら、美空ひばりが歌う端唄が出てきました。歌は色々あるけど、その区別は難しい。都都逸は七七七五という形があるし長唄は長い歌でいいんですが、端唄と小唄の違いが分かりません。そこでネットで検索してコピペしてみました。特にはっきりとした区別は無いようです。

・ 端唄が流行したのは天保の改革以後とされる。天保の改革で庶民が三味線を弾く事が禁止されたが 禁が解けた後、短くて簡単に弾ける端唄が人気となった。
小唄は端唄から派生した俗謡である。一般には江戸小唄とされる端唄の略称。略称として定着したのは、明治・大正期である。
・小唄は爪弾きであるが端唄は撥を使う。小唄は四畳半で弾いてうるさくないよう爪弾きになったと思われる。

〽梅は咲いたか 桜はまだかいな
柳なよなよ風次第
山吹ゃ浮気で  色ばっかり しょんがいな~

梅にしようか 桜にしよかいな
色も緑の松ヶ枝に
梅と桜を 咲かせたい しょんがいな~

恋の浅草 二人で行こかいな
何を言問 都鳥
末は千鳥で 泪橋 しょんがいな~

「 しょんがいな~」は「しょうがない」というほどの意味。歌詞は伝統的な「梅は咲いたか」と少し変わっています。三番の歌詞はしゃれが効いていて粋ですね。 尚、泪橋は荒川区と台東区を分ける思川にかかっていた橋で、その下に丹下段平の丹下拳闘クラブがあったそうです。

ところでこの歌を歌っている美空ひばりは何歳くらいでしょうか?CDには詳しい説明はありません。これもネットで検索してみると昭和49年の録音らしいです。このときひばりは37歳。ネットには20代という記述もありましたが、録音がステレオで割と音質が良いので、37歳が正解と思われます。しかし、これを聞いてみると、私が言うまでもなく美空ひばりは天才歌手だったんですね。

ハッピーじゃないか/笠井紀美子&デューク・エイセス

NHKの朝ドラ「まんぷく」はカップヌードルの開発が佳境に入り、いよいよラストスパートです。カップヌードルはドラマの中でもあるように確かに画期的な商品でした。チキンラーメンが30円の時にカップヌードルは100円という強気の値付けでしたが、昭和47年のあさま山荘事件で機動隊を指揮した佐々 淳行が現場に持込み、機動隊員が食べている場面が全国に中継されました。これをきっかけに売り上げが急増したそうです。

この曲は小林亜星作曲、 阿久悠作詞の初代カップヌードルCMソングです。(CMなのでジャケ写はありません。ハービー・ハンコックと共演した “Butterfly” のジャケットを張付けてみました。) 歌っているのは当時新進気鋭のジャズ歌手、笠井紀美子 で歌い方からファッションまで最先端でした。国内だけでなく、しばしばニューヨークで当時の世界的ジャズメンと共演しており、当時を代表するジャズ歌手と云えます。今風に言えば物凄いオーラがあり、ちょっと近づくのも怖いような、そんな笠井がラーメンのCMをやっていると知って驚いたものです。

この曲は小林亜星のアレンジが今市です。笠井はジャズ歌手らしいソウルフルな歌い方を指向しているようですが、バックと上手くマッチしていません。運よくYOUTUBEに当時の画像がありましたのでリンクしてみました。今みるとやはり時代を感じます。

自転車にのって/添田唖蝉坊+高田渡

NHK大河ドラマの「いだてん~東京オリムピック噺~」では金栗四三の幼馴染役で綾瀬はるかが出演している。彼女は颯爽と自転車に乗っていたが、当時女性が自転車に乗るという事はかなり裕福な家庭で育ち、かつ勇気がなければ出来ない珍しいことであった。熊本の田舎ではかなり目立ったろうと思われる。

彼女は「チリリン チリリン と 出てくるは・・」と歌いながら自転車に乗っている。これは明治の演歌師である添田唖蝉坊の歌である。私は学生時代、添田唖蝉坊について調べた事があり、懐かしく思えた。そこで、そのオリジナル音源を探してみたが、ありそうで無い。仕方がないので高田渡のアルバム「ごあいさつ」に収録されている「自転車にのって」をリンクした。この曲は前半に添田唖蝉坊の歌があり、それに続けて高田渡が自作の「自転車にのって」を歌っている。

この歌は演歌師の神長瞭月(かみなが りょうげつ)が明治42年に流行らせた「ハイカラソング」の一節であると言われている。残念ながら神長のオリジナル音源も探し出すことはできなかったが唖蝉坊の歌からも当時の雰囲気が伝わってくる。これ以外にも唖蝉坊の歌は色々なフォーク歌手が取り上げているが、その中では、やはり高田渡がぴったりとはまっている。

〽チリリン チリリン と
出てくるは 自転車乗りの 時間借り
曲乗りなんぞと 生意気に
両の手離した しゃれ男
あっちいっちゃあぶないよ
こっちいっちゃあぶないよ
それあぶないと言っている間に
転がり落っこった  

(当時、自転車は高価だったので、時間借りで乗る人も多かった。)

添田知道は添田唖蝉坊の長男で戦後「演歌の明治大正史」や「日本春歌考」等の著作がある。こういう本をゆっくり読んでみたい気がする。

【蛇足】演歌は「演説する歌」という意味であるが、最近は「艶歌」と書かれる事が多く、演説とは関係なくなっている。これは「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と目から火を噴いて叱るチコちゃんによれば昭和41年の五木寛之の小説「艶歌」がベストセラーとなり、それから「艶歌」という表記が定着したそうです。

Think Pink!/アン・ルイス

近年日本では乳癌患者数が増加している。はっきりとは分からないが、食生活の欧米化や女性の社会進出が原因ではないかと言われている。

乳癌に関する認知後を上げ、検診による早期発見を促す事を目的として1994年に豪でNBCF (National Breast Cancer Foundation) が設立された。この運動は”Breast cancer awarenss”と呼ばれ、世界中に拡散し、世界各国で”pink ribbon”と”Think Pink!”をシンボルとして同様のキャンペーンが行われている。日本では主としてJ.POSH (Japan Pink-ribbon Of Smile and Happiness)「日本幸せと笑顔のピンクリボン」というNPO法人がこの活動を担っている。彼らは毎年10月を乳癌予防月間としており10月を”Pinktober”と呼んでいるようだ。

ここで問題は”Think Pink!”を最初に言い出したのは誰か、である。これはアン・ルイスを嚆矢とする。但し、彼女に乳癌撲滅の意図は無かった。実際、雑誌のインタビューで、”Think Pink!”は誰が作ったのか、と聞かれて自分だと答えている。そこで、その意味はと訊かれると、特に意味はない、なんとなく、とアン・ルイスらしい返答であった。”Think Pink!”が語呂が良い、歌うのに調子が良いという程度の感じであろう。

ところが、念の為、ウィキペディアで検索したところ、英国のTwinkという歌手がアン・ルイスより先に”Think Pink”というタイトルのサイケ調レコードを出していたことが分かった。これにも乳癌との関連性は無い。但し、このアルバに“Think Pink!”という楽曲は無いので、曲としては彼女が最初と言っても良いのでしょう。では、なぜこれが乳癌予防、治療キャンペーンに使われるようになったかという経緯はネットで調べた限りでは不明でした。


Think Pink!~女はそれを我慢できない

お化けのロック/郷ひろみ・樹木希林

昨日樹木希林さんの訃報が伝えられました。享年75。全身に癌が転移していたそうですが、万引き家族のパルム・ドール受賞でカンヌ映画祭に出席した時は特に変わった様子は見えませんでした。一番印象に残っているのは寺内貫太郎一家のきん婆さん役でしょう。婆さん役と言ってもその時彼女は32歳で、常に指だし手袋をしていたのは手で若さがばれない様にという工夫だそうです。ストーリーに関係なく毎回ジュリーのポスターに向かって「ジュリー」と言ながら手足をバタバタさせるのは笑ってしまいました。

樹木希林の歌で私が知っているのは「ムー一族」の挿入歌で郷ひろみと歌った「お化けのロック」と「林檎殺人事件」の2曲だけですが、他に「二人のすべて」という曲があるらしいです。未だ聞いたことがありません。ここでは「林檎殺人事件」は大ヒットしたので、あんまりヒットしてない「お化けのロック」にしてみました。

ジャケットの左下に小さく樹木希林(悠木千帆改め)とあります。NETがTV朝日に変わる時に芸能人を集めてオークション番組を作った際、悠木千帆は、私にゃ何にも売るものがないわ、と言って名前を競売に掛け、その後樹木希林に改名しました。尚、裕木千帆の名は¥22,000円で売れたそうです。

内田裕也と結婚した頃のお写真

晩年は映画もさることながら、CMが面白くフジカラーの「それなりに写ります」とか夫の内田裕也と出演したCMがなんとも良い感じがでてましたが放映開始後すぐに内田裕也の不祥事の為放映中止になりました。

余談ですが、ジャケットの写真は郷ひろみの頭が左上のレコード番号とCBS SONYのロゴに被っています。これではレコード番号が分かりにくいと思いますが、ミスでしょうか、それとも意匠でしょうか?私はレコード番号に余りこだわりはありませんが、昭和歌謡に詳しく、番号やロゴもゆるがせにしない、クリス松村さんに聞いてみたいものです。

なかったコトにして/郷ひろみ with HYPER GO 号

最近、会社でボーっとしてると(チコちゃんに叱られそうですが)昔の失敗した事、恥をかいた事とか、あの時はああすれば良かった、こうすれば良かった、等と残念な記憶ばかり蘇ってきます。そんな時は元気良く、なかったコトにしてくれ、と叫びたくなったりします。そこはやっぱり、郷ひろみですね。なかったコトにして、と叫びまくっています。

ゴメンなかったことにして 
神様やりなおし
今のなかったことにして
それでいいんじゃない 
お願いもう一度やりましょう

私の言いたいことを全て言ってくれています。そして、バックにいるお姉さん方が居てくれたら、まず落ち込む事はないでしょう。かつて自分の失策で他部門の担当者に「なかったコトにしてくれ」と本当に言った事があります。その方も大らかな気持ちでなかったコトにしてくれました。これでいいのだ、と言ったバカボンのパパの気持が良く分かります。

私自身/いしだあゆみ

彼女は昔から痩せ型ではありましたが、最近の激やせは少々気になります。この歌は細野晴臣の作曲でいわゆるティン・パン・アレーの面々がバックを固めており、バックコーラスには山下達郎と吉田美奈子が参加しているという豪華版です。

しかし、バックグラウンドは忘れてこの歌を聞いてみると、どうでしょう?メロディがハッキリせず、カラオケで知らない曲を無理やり歌わされた、或いは酔ってヘロヘロ状態で歌詞だけを追いかけて訳分からん状態になったような悲惨な状況を思い出してしまいました。珍盤・奇盤と言っては失礼ですが、この歌を覚えて正しくカラオケで歌うのは至難のワザでしょう。ゆっくりと余裕を持ってブルーライト・ヨコハマを歌ういしだあゆみがヤッパリ良いですね。

ヤットン節/久保幸江

今年は寒かったので、桜は遅いかと思ってましたが、会社の周りの花は既に七分咲きという処です。今週いっぱいが見ごろでしょうか。

桜と言えば花見。あちこち桜の名所では大変な騒ぎでしょう。私も前の会社でワカイシに朝から上野の山の場所取りをさせた事がありますが、昨今はパワハラとか言われて、こういう事もやりにくくなっているのかも知れません。

宴会の席で歌う酒に纏わる歌は山ほどあるでしょうが、この歌は典型的なクラシック。以前は宴席で聞く事もありましたが、最近は忘れ去られているような気がします。調子の良い七五調の歌詞で、酒飲みの気持ちが率直に出ており一度聞くと耳の奥に残ります。A面のトンコ節も後世に伝えたい名曲です。これは別の機会に紹介します。

………..<2018.03.29追記>………………….

やはり、A面のトンコ節が聞けないのは寂しいと思い、追加しました。