お化けのロック/郷ひろみ・樹木希林

昨日樹木希林さんの訃報が伝えられました。享年75。全身に癌が転移していたそうですが、万引き家族のパルム・ドール受賞でカンヌ映画祭に出席した時は特に変わった様子は見えませんでした。一番印象に残っているのは寺内貫太郎一家のきん婆さん役でしょう。婆さん役と言ってもその時彼女は32歳で、常に指だし手袋をしていたのは手で若さがばれない様にという工夫だそうです。ストーリーに関係なく毎回ジュリーのポスターに向かって「ジュリー」と言ながら手足をバタバタさせるのは笑ってしまいました。

樹木希林の歌で私が知っているのは「ムー一族」の挿入歌で郷ひろみと歌った「お化けのロック」と「林檎殺人事件」の2曲だけですが、他に「二人のすべて」という曲があるらしいです。未だ聞いたことがありません。ここでは「林檎殺人事件」は大ヒットしたので、あんまりヒットしてない「お化けのロック」にしてみました。

ジャケットの左下に小さく樹木希林(悠木千帆改め)とあります。NETがTV朝日に変わる時に芸能人を集めてオークション番組を作った際、悠木千帆は、私にゃ何にも売るものがないわ、と言って名前を競売に掛け、その後樹木希林に改名しました。尚、裕木千帆の名は¥22,000円で売れたそうです。

内田裕也と結婚した頃のお写真

晩年は映画もさることながら、CMが面白くフジカラーの「それなりに写ります」とか夫の内田裕也と出演したCMがなんとも良い感じがでてましたが放映開始後すぐに内田裕也の不祥事の為放映中止になりました。

余談ですが、ジャケットの写真は郷ひろみの頭が左上のレコード番号とCBS SONYのロゴに被っています。これではレコード番号が分かりにくいと思いますが、ミスでしょうか、それとも意匠でしょうか?私はレコード番号に余りこだわりはありませんが、昭和歌謡に詳しく、番号やロゴもゆるがせにしない、クリス松村さんに聞いてみたいものです。

コメントを残す