I Love My Shirt / Donovan

毎週日曜日の17:55からラジオ日本(昔のラジ関)で放送中の「宮治淳一のラジオ名盤アワー」を録音し、ウォークマンで聞いている。この番組はラジ関時代に収集されたEP盤を「日本一のレコード好き男」と自称する宮治淳一氏が選曲してかける、ただ、それだけの番組であ。しかし自分の知ってる曲、知らない曲入り混じり宮治氏の興味深い解説もありで、面白い。以前このブログで紹介した”Crazy”(3月19日)もこの番組で聞いた。

先日、昼休みに辛味噌ラーメンを喰いながら聞いていたら、突如この歌が掛かった。ドノバンである。この歌は高校時代に何度も聞いた、だから覚えているのであるが、それから幾星霜、記憶の彼方に飛んでしまっていたドノバンが突如蘇ったのだ。大袈裟でなくジーンと来て、ラーメンの辛さもあり、つい涙目になってしまいました。

ドノバンはもう忘れられているかもしれませんが、デビュー当時はにボブ・ディランかドノバンかと言われ(勿論ボブ・ディランの勝利であるが)色々ヒット曲があり「サンシャイン・スーパーマン」や「メロー・イエロー」は今でも覚えている。

この歌(邦題:ぼくの好きなシャツ)は僕の好きなシャツ、ジーンズ、シューズがある。褪せても、擦り切れても、穴があいてもそれが良いんだよ、という実にホノボノ、のんびりとした歌です。こんな歌がヒット・チャートに入っていたんだから、当時は良い時代だったとシミジミ思う今日この頃です。

Do you have a shirt that you really love?
あなたは本当に好きなシャツを持ってますか?
One that you feel so groovy in ?
あなたがとってもカッコ良いと感じるやつ
You don’t even mind if it starts to fade
貴方はもしさシャツが褪せ始めても心配なんかありません
That only makes it nicer still
それだけでシャツが更に良くなります。

I love my shirt, I love my shirt
僕は僕のシャツが好き、僕は僕のシャツが好き、
My shirt is so comfortably lovely
僕のシャツはとても気持ちよくてかわいい
I love my shirt, I love my shirt
僕は僕のシャツが好き、僕は僕のシャツが好き、
My shirt is so comfortably lovely
僕のシャツはとても気持ちよくて帰ってかわいい

Do you have some jeans that you really love?
あなたは本当に好きなジーンズ持ってますか?
Ones that you feel so groovy in ?
あなたがとってもカッコ良いと感じるやつ
You don’t even mind if they start to fray
貴方はもしジーンズが擦り切れ始めても心配なんかありません
That only makes them nicer still
それだけでジーンズが更に良くなります。

I love my jeans, I love my jeans
僕は僕のジーンズが好き、僕は僕のジーンズが好き、
My jeans are so comfortably lovely
僕のジーンズはとても気持ちよくてかわいい
I love my jeans, I love my jeans
僕は僕のジーンズが好き、僕は僕のジーンズが好き、
My jeans are so comfortably lovely
僕のジーンズはとても気持ちよくてかわいい

When they are taken to the cleaners
それらが洗濯屋に持って行かれた時
I can’t wait to get them home again
僕はそれらがまた帰ってくるのを待てない
Yes, I take ‘em to the cleaners
ええ、僕はそれらを洗濯屋に持って行く
And there they wash them in a stream
そしてそこで、洗濯屋は次々にそれらを洗う
Scrub a dub dub
ゴシゴシ ジャブジャブ(注)
And there they wash them in a stream 
そして洗濯屋はそれらを次々にあらう。
Know what I mean
意味わかる?

Do you have some shoes that you really love?
あなたは本当に好きな靴を持ってますか?
Ones that you feel so flash in ?
あなたがとってもカッコ良いと感じるやつ
You don’t even mind if they start to get some holes in
貴方はもし靴に穴が空き始めても心配なんかありません
That only makes them nicer still
それだけで靴が更に良くなります

I love my shoes, I love my shoes
僕は僕の靴が好き、僕は僕の靴が好き、
My shoes are so comfortably lovely
僕の靴はとても気持ちよくてかわいい
I love my jeans, I love my jeans
僕は僕のジーンズが好き、僕は僕のジーンズが好き、
My jeans are so comfortably lovely
僕のジーンズはとても気持ちよく可愛い
I love my shirt, I love my shirt
僕は僕のシャツが好き、僕は僕のシャツが好き、
In fact, I love my wardrobe
実際、僕は自分の衣装が好き

 

(注)”Scrub a dub dub”は嫌がる子供を風呂にいれるため、母親が歌って聞かせる一種の童謡で、英語人なら誰でも知っている筈です。綴りや歌詞に色々バリエーションがあり、どれが定本かは不明です。この歌を持ち出すあたりはドノバンの優しい性格の発露でしょうか。

コメントを残す