私自身/いしだあゆみ

彼女は昔から痩せ型ではありましたが、最近の激やせは少々気になります。この歌は細野晴臣の作曲でいわゆるティン・パン・アレーの面々がバックを固めており、バックコーラスには山下達郎と吉田美奈子が参加しているという豪華版です。

しかし、バックグラウンドは忘れてこの歌を聞いてみると、どうでしょう?メロディがハッキリせず、カラオケで知らない曲を無理やり歌わされた、或いは酔ってヘロヘロ状態で歌詞だけを追いかけて訳分からん状態になったような悲惨な状況を思い出してしまいました。珍盤・奇盤と言っては失礼ですが、この歌を覚えて正しくカラオケで歌うのは至難のワザでしょう。ゆっくりと余裕を持ってブルーライト・ヨコハマを歌ういしだあゆみがヤッパリ良いですね。