ひょっこりひょうたん島/夏木マリ

夏木マリ氏は「もお~いや、絹の靴下は、高いわりにはすぐいっちゃう」とお色気十分な歌とクネクネで一世を風靡してましたが、こんなのも歌っているんです。

このアルバムは高度成長期のヒット曲のカバー集です。しかし、聞いてみると何だか分かったような分からない編曲です。バックは実に気持ちよく演奏しているようですが、肝心の夏木マリのボーカルに寄り添う気配は微塵もなく、ただひたすら勝手に動いていくという感じです。多分、彼女はかなり歌いにくかったのではないでしょうか。

珍盤・奇盤に分類しては申し訳ないという気もしますが、今後このような曲は二度と現れないだろうという事で、評価してみました。

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★★☆
意味不明度 ★★

春がいっぱい/シャドウズ

桜も終わり、初夏を思わせるような日もあれば、朝方寒さに目が覚めるというような日もあり、将に春本番となって参いりました。昔のラジオはこの季節になると必ずDJ又はパーソナリティ氏が「朝、眠いですねぇ、春眠暁を覚えず、云々」と言ってこの曲を掛けていました。

原題は”Spring is near here.”ですが「春がいっぱい」とは良い邦題を付けたものです。シャドウズは英国のロックバンドでビートルズの少し先輩にあたり、クリフ・リチャードとの共演でも知られています。ヒット曲は色々ありますが、この曲は「日本だけで売れた洋楽」の一つです。春真っ只中、なんだか眠いような、けだるいような雰囲気が良く出ています。

嘆きのボイン/月亭可朝

今朝の朝刊によれば月亭可朝さんが3月28日にお亡くなりになったそうです。享年80。コテコテの関西人だと思ってましたが、記事によれば生まれは神奈川県だうそうです。

月亭可朝は言うまでも無く落語家です。が、彼の落語をTVで聞いたことはあるんですが殆ど覚えてません。参院選に出て二度落選、ストーカー等々話題は色々ありますが、やは可朝といえばこの歌でしょう。歌もさることながら、このジャケット写真で堂々とレコード店で売られていた訳で、今ではとっても無理でしょう。

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★★☆
意味不明度 ★★★

呪い/山崎ハコ

今年は寒い寒いと思っているうちに急に暖かくなって意外にも桜が早く咲き、4月に入って既に会社の前は葉桜になってしまいました。今日も暖かい好天で新入社員と思しき若者が街をウロウロしています。自分の新入社員当時を思い出し「散る花や 昭和は 遠くになりにけり」という心情です。

こんな明るい気分のこの時期に何故かこの歌を思い出してしまいました。要するに藁人形に釘を打っている訳ですが、「釘を打つ」と言わずに「釘を刺す」としてあるところに凄味があります。歌詞は結構きついのですが、歌い方は割とサラッとしているので、何とか聞けるという感じです。一応、カテゴリは珍盤・奇盤としてみましたが、採点のしようがありません。こんな歌が発売された昭和というのは本当に良い時代でした。
 

トホホ度
お笑い度
意味不明度