とん平のヘイ・ユウ・ブルース/左とん平

新聞によりますと2月24日に左とん平さんがお亡くなりになったそうです。享年80。

私は「時間ですよ」や「寺内貫太郎一家」に出ていたとん平を良く覚えていますが代表作と言われる「非情のライセンス」は残念ながら見ていません。

「寺内貫太郎一家」はBSで再放送しているらしく今日のラジオビバリー昼ズで高田文夫が、とん平は石工、その先輩が伴淳三郎、近所の花屋の大将が由利徹という配役で最高だね、と嬉しそうでした。樹木希林がジュリーのポスターの前で「じゅり~」と身体を震わせるギャグは有名ですが、あの時彼女は30歳。本人によれば顔は老けメイクでどうにでもなるが、手が若く見えるというので、いつも指先が出ている手袋をしていたそうです。

タイトルの”Hey you what’s your name?”はその昔トニー谷がそろばんカチャカチャさせながら「あなたのお名前何てぇの?」と呼びかけてた台詞を英語化したものという解説がネットにありましたが、本当かどうか不明です。

この歌、改めて聞き直してみると、重厚なブラスをバックに叫んでいる声が迫力があり、聞かせてくれます。以前のブログ記事が残っていましたので、復刻してみましたが、かなりの酷評で少々言い過ぎかなと反省しています。バックは編曲とピアノが深町淳。ドラムが村上ポンタ秀一、サックス村岡健等々、錚々たるミュージシャンが揃っています。

……復刻・再掲<2011.10.11>

この歌はお聴きになればお分かりの通り、バックの盛り上げに合わせて左とん平が上手くシャウトしてR&Bとして見ればなかなかの佳曲ではあります。その証拠に既に3度も再発され、最近のクラブでかかっていたという耳撃情報もあります。しかし、しかしです。祇園精舎の鐘の音からはじまり、すりこぎがどうした、お前はだれだ、等と喚くばかりでさっぱり意味不明です。どうも自分がこき使われて苦しいんだよ、と言いたいんでしょうが、かなりの無理があります。少々甘めかも知れませんが、意味不明度には満点を差し上げましょう。

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★☆
意味不明度 ★★★★★

 

 

コメントを残す