雪子のロック/藤健次

昨日発売のブルータス2月15日号は「山下達郎サンデー・ソングブック25周年記念」と題して山下達郎のこれまでのサンデー・ソングブックで掛かった曲や作曲家、プロデューサーが細かく解説されており、貴重な資料になっています。

この中でやはり「珍盤・奇盤」が紹介されています。私が珍盤・奇盤を集め始めたのは「このブログの由来」にもありますように2001年の珍盤・奇盤特集を聞いてからでした。それから、それらの曲を全て集め始めたのですが「雪子のロック」にはてこずりました。

歌っているのは藤健次という歌手で元々は高倉一志という名前でスリー・ファンキーズに居たそうです。脱退後藤健次と名前を変えてこの曲を吹き込んでいます。しかし、この曲には訳分からん経緯があり、32秒しかありません。元歌を途中でカットし、誰かが最後の部分に効果音をくっ付けたらしいんです。私は原曲を聞いた事は無いんですが、聞いた方の話によるとなんとなく流れるどうといった事のないバラード風の歌謡曲らしいです。

本誌によると、これを始めて聞いた山下氏は文字通り笑い転げ、早速番組で取り上げたそうです。自分もその番組で聞いた時はかなり激しくたまげましたが、今聞いてみるとそうでもないような気がします。あれから20年弱を経過し、私の純な心情が汚れ、鈍麻してしまったのでしょうか?

トホホ度 ★★★★
お笑い度 ★★☆
意味不明度 ★★★★☆

<2018.02.05 追記>
雪子のロックのオリジナルを入手しました。色々叫んだりなんかして、それなりに聞けます。しかし、一体どこがロックなんだ、と突っ込みたくなります。