入江にて/郷ひろみ

郷ひろみを初めてTVで見た時は「何なのこれ、阿保みたい」と思った事を覚えている。当時は歌番組が多かったので時々彼を見ていたが、特にどうとも思わなかった。

大学生の時、先輩が当時調布駅前にあったキャバレー・チェーンのハワイに連れて行ってくれた。6時迄に入るとサントリー・オールド飲み放題という、今風に言えばハッピー・アワーを狙って入店。当時の貧乏学生にとってはオールドは高級品。店のオネ―さんには目もくれず、柿ピーを齧りながら水割りをガブガブ飲み続けていた。暫くすると店内が少し暗くなり、ミラー・ボールがチカチカし始めた。と同時に郷ひろみの歌(曲名忘れた)が大音量で流れ、それに合わせて店のオネ―さんがみんなヒェーとかフゥーとか言って立上り、クネクネと踊り始めたのであった。

ス、スゴイ!これがその時の感想である。郷ひろみは一遍にこれだけのオネ―さんを躍らせる力があるのだ!と思った。勿論お店のマニュアル通りのルーティーンであろうが、なんか感動したのを覚えている。その翌日か翌々日、新星堂に行って「郷ひろみ全曲集」というカセットを買い、郷ひろみの歌を覚えた。聞いてみると中々面白い。それ以来、郷ひろみの新曲が出るとつい気になって聴いていた。

郷ひろみには良い曲がたくさんあるが「入江にて」はベスト10に入ると思う。タイトルが地味でシングル・カットされていないので、余り有名ではないが、今聞いても古くない。このLPはニューヨークのスタジオ・ミュージシャンが結成した24丁目バンドがバックを努めており、ジャケットは横尾忠則、プロデューサーは酒井政利という豪華メンバー。しかしこのLPは素晴らしい出来にも係わらずCD化されないのは、権利の問題でもあるんでしょうか?

<2018.02.20 追記>
1月28日放送の「クリス松村のいい音楽あります」で「スーパードライブ」が紙ジャケット仕様でCD復刻発売された、とクリス松本が感激しながら語ってました。但し、放送では入り江にてはかかりませんでしたが、、

コメントを残す