ブンガチャ節/北島三郎

北島三郎は紅白から引退し、愛馬のキタサンブラックは最後の有馬記念で有終の美を飾り、昨年は北島三郎にとってはかなり良い年だったのではないでしょうか?この歌を今聞くと昭和の匂いというより、何となく戦前又は大正の香りという雰囲気が感じられます。

….<2011.10.10>……復刻再掲

北島三郎のデビュー曲で、元歌は民謡ではないでしょうか。以前、京都のお座敷に遊びに行ったとき、三味線のお姉さんが場つなぎに、これを弾いていたのを思い出します。この曲は発売後すぐに放送禁止となりました。歌詞の中の”キュッ キュ キュ キュッ キュ キュ”の部分が猥褻だそうで、詳細は不明ですが、ベッドの軋む音に聞こるという理由だそうです。しかし、この”キュッ キュ キュ キュッ キュ キュ”がこの歌の肝でこれに文句を付けられてはこの歌の存在価値が無くなってしまいます。では、皆さんご一緒に”キュッ キュ キュ キュッ キュ キュ”

トホホ度 ★★★☆
お笑い度 ★★★☆
意味不明度 ★★★

コメントを残す