Tickle Toe / Lambert Hendricks & Ross + Count Basie Orchestra

最近はどうも新聞の死亡記事が気になります。最近見つけた訃報が今日の主人公であるジョン・ヘンドリックスです。

彼はデイブ・ランバートとアニー・ロスとの三人組(以下LH&R)でボォーカリーズを完成させました。ボォーカリーズとは器楽演奏を歌で再現するという非常に難しい芸です。元々は戦前の曲に歌詞を付けて歌っていましたが、それを聞いたカウント・ベイシーがいたく気に入り、彼のバンドをバックに3人が歌うという豪華企画が実現しました。尚、ジャケットに見えるJoe Williamsはブルースが得意であった当時のベイシー楽団専属歌手です。

取り上げる曲は勿論ベイシー楽団のヒット曲ですがその中でもこのティックル・トー(むず痒い足)は忘れられません。当時ベイシー楽団に在籍していたテナーのレスター・ヤングのソロをコピーして歌っています。

言うまでも無くジャズの醍醐味はアドリブ・ソロですが、名奏者は素晴らしいメロディを紡いでおり、昔は上手いソロの事を「良く歌っている」と表現していました。レスター・ヤングは独特の斬新なアドリブを吹いており、多くの人がこれを丸暗記しています。私もいつでも脳内で再生できます。

戦前のテナーサックスはコールマン・ホーキンスに代表される力強い堂々とした奏法が主流でした。処がレスター・ヤングは線が細く、なよなよした新しい奏法で油井正一はかつて「つながると思えば切れ、切れると思えば繋がる」という分かったような分からないような解説をしていました。この新スタイルに当時の若いミュージシャンが追随し、後年主として米国西海岸で盛んになったクールジャズの源流になったと言われています。また、レスター・ヤングこそがモダンジャズの原点だという人もいます。

レスター・ヤングは1944年に徴兵され殆どのミュージシャンは軍楽隊に配属されるのが通例でしたが彼は兵役に従事。
大東亜戦争終戦後に除隊し演奏活動に復帰しましたが大和明氏は「軍隊で黒人差別による精神的なダメージを受けたので除隊後の演奏には採るべきものは無い」と批判していました。これに対し、レスター・ヤング命の大橋巨泉氏は「大和君はそういう事を言うけどそんな事は無い」と強く反論していました。私は大橋巨泉氏に一票。

レスター・ヤングのソロに魅せられた後輩たちは彼へのトリビュートを録音しています。リー・コニッツは本業のアルトからテナー・サックスに持ち替えてレスター・ヤングのソロを再現しており、これを始めて聞いたときはジワッ、ウルッと来たことを覚えています。ベイシー楽団のオリジナルとLH&Rの歌、そしてリー・コニッツとアート・ペッパーの録音を聞き比べてみてください。先輩のレスター・ヤングを敬慕する素晴らしい演奏です。

LH&R / Tickle Toe with Count Basie Orchestra (聞き取り不能の為、歌詞は省略) 

Count Basie 楽団オリジナル(1940年録音)

Lee Konitzのアルバム 「Duets」のTickle Toe. 共演しているのは Richie Kamuca

Art Pepperのアルバム 「Surf ride」のTickle Toe.

コメントを残す