The Changing Lights / Stacey Kent

毎年ノーベル文学賞発表時期になるとハルキストなる人々が謂集し、吉報を待つ。しかし今年も村上春樹の受賞は無く、ハルキスト達はクラッカーを鳴らし、アーとかウーとか言って去って行った。

受賞したKazuo Ishiguroは長崎県で生まれ、5歳の時に英国に移住し、現在は英国籍であるが、まるで日本人が受賞したような騒ぎになっている。英国は二重国籍を容認する国なので、もし現時点で英国と日本の二重国籍であったら、どんな騒ぎになっていたか。余談であるが、Kazuo Ishiguroの著作と今年のノーベル経済学賞のリチャード・セイラー及び同物理学賞のライナー・ワイス、キップ・ソーン、バリー・バリッシュの3氏の著作は共に早川書房の出版であり、二人しかいない営業部員はてんてこ舞いの忙しさであるらしい。

ステーシー・ケントは米国東部生まれで22歳の時に音楽の勉強のために英国に渡り、以降ロンドンを中心に音楽活動を続けている。彼女のアルバム”Breakfast on the Morning Tram”は大ヒットし、グラミー賞にもノミネートされた。このアルバムではKazuo Ishiguroが4曲作詞している。最新作である”I know, I dream”では”The Changing Lights”と新幹線を題材にした”Bullet Train”の2曲を作詞している。

彼女とKazuo Ishiguroの出会いは英国 Independent紙の
How we met: Stacey Kent & Kazuo Ishiguro によると、スステイシーは2002年に”Unconsoled” 「充たされざる者」と”The Remains of the Day”「日の名残り」を読んで彼のファンになり夫でサックス奏者・作曲家のMr. Jim Tomlinson と共に彼が出ているラジオ番組を聴いていた。するとKazuo Ishiguroが私の歌をかけたのを聞いて驚いた。とても嬉しかったので、早速礼状を書き、それから電子メールのやりとりが始まった。その後ランチを共にする機会があった。彼女はKazuoに畏敬の念があったため、当初は委縮していたがすぐに打ち解けた。同年”In Love Again”のライナーノーツ執筆を依頼した。それは全く素晴らしい出来であり、夫と共にお礼のランチに招待した。その席で突然夫がKazuoにステイシーの為の作詞を依頼したところ快諾された。(以下略)

Were we leaving Rio or were we in New York?
私たちがリオを離れる時、それともニューヨークにいた?
I remember bossa nova on the breeze
私はそよ風に乗ってるボサノバを覚えてる

We were in the back seat of a cab we couldn’t afford
私たちは払えないタクシーの後部座席にいた
You were holding my old rucksack on your knees
あなたは私の古いリュックサックを膝の上に抱いていた

You leaned towards your window to see the traffic up ahead
あなたは先に行く車を見ようと、窓にもたれかかってた
“These commuters here,” you said “Could be the walking dead”
これらの通勤者は生ける屍かもしれないとあなたが言った

And we vowed to guard our dreams
私達は自分の夢を守ると誓った
From all the storms that lay ahead from the winds of fear and age and compromise
この先待ち構えるのが嵐と恐怖と年齢と妥協の強風だったとしても
And we laughed about the hopelessness of so many peoples lives
そして、渡地たちは多くの人々の人生の絶望を笑った
As we slowly moved towards the changing lights.
私たちが変わろうとする信号に向かってゆっくり進んでいる

It was near Les Invalides or perhaps Trafalgar Square
それはアンヴァリッドの近くか、もしかしたらトラファルガー広場
It was late at night the city was asleep.
夜は更け、街は深い眠りの中

You were clowning in the back seat with some friends we’d found somewhere
あなたは何処かで出会った友人たちと後部座席でふざけていた
The kind, back then, we always seemed to meet
あの頃、私たちが知り合うのはそんな人たちだった
There were those in this great world you said “Just fated to go far”
この広い世界には遠くに旅するように運命づけられている人々がいる、とあなたは言った
And among the lucky ones were we inside that car
そして車に乗っている私たちが恵まれてる者という事ですね.

And your friends began to sing “When You Wish Upon A Star”
そしてあなたの友達が「星に願いを」を歌い始めた
And you clapped along like you didn’t have a care
そしてあなたは何も気にしていない素振りで手を叩き続ける
But once I turned to glance at you as we drove across the square
でも車が広場を横切る時ふとあなたを見ると

And your face looked haunted in the changing lights
あなたの顔は変わりかけた信号の中、何かに取り憑かれているように見えた

Was it last September?
あれは去年の9月?
It was autumn more or less
秋の頃
You were waiting to cross some busy boulevard talking on your phone to your family I guess
あなたは多分あなたの家族に電話しながら込み合った大通りを渡ろうと待っていた
Your briefcase tucked up high beneath your arm
あなたは小脇にブリーフケースを抱えて

As I approached you turned around
私が近づくとあなたは振り返り
A question in your eye
怪訝な眼差し
As though I might ignore you and just simply walk on by
まるで私が無視して歩き去ったかのように

But we smiled and talked awhile about each others lives

でも私たちは微笑み暫くお互いの近況について話をした
And once or twice I caught a wistful note
そして、一度か二度私はあなたの知りたげな様子に気づいたけれど
Then you moved towards the crossing as the cars slowed to a halt
車が速度を落として近づくと、あなたは横断歩道へと歩いて行った
And we waved and parted beneath the changing lights
そして変わりつつある信号の下で手を振って別れたの 

コメントを残す