September Song / Bing Crosby

朝、寝惚けてラジオを聴いていたら9月という事もあり ”September Song” が流れてきた。これがボケている脳を刺激し、何だったっけか、、と考えているうちにWoody Allenの映画 “Radio Days”の挿入歌だという事を思い出しました。ついでに、この歌が画面に良くマッチしていると感じた事まで出てきました。忘れてた記憶がふとしたきっかけで蘇るという事は良くあるようです。

歌っているのはビング・クロスビーです。サビから歌いだしてるので歌詞の意味が分かりにくいですが、これ以上深入りしません。映画に挿入されたのはWalter Houstonというカナダ人の歌です(どういう人か良く分りません)。後年フランク・シナトラも吹き込んでいますが、米人の評論家によればビング・クロスビーの方が出来が良いと言っています。

Woddy Allenはこの曲が事の外お気に入りのようで、彼のインタビューを纏めた “Woody Allen on Woody Allen”というペーパーバックの中に “Allen has stated that the song may be the best American popular song ever written.”(アレン曰く 、この歌がこれまで書かれた最も素晴らしいアメリカのポピュラーソングだろうと。)という件があるそうです。

Oh, it’s a long, long while from May to December
ああ、5月から12月はとても長い。

But the days grow short when you reach September
でも、9月になれば日は短くなる。

When the autumn weather turns the leaves to flame
秋の気候が木の葉を燃えさせる時

One hasn’t got time for the waiting game
もう、待機している時間は無い

Oh, the days dwindle down to a precious few
ああ、日々は徐々に極めて少なくなっていく

September, November
9月、11月
And these few precious days I’ll spend with you
そして、これからの極めて少ない日々をあなたと過ごしたい

These precious days I’ll spend with you
これからの極めて少ない日々をあなたと過ごしたい

 

Radio Days Sound Track:

コメントを残す