You’re Beautiful / James Blunt

51Z7MFCZ1EL__SX425_.jpgのサムネイル画像ジェームス・ブラントは英国人で英国陸軍で大尉まで昇進後除隊し、音楽活動を開始した。この曲が大ヒットし、ビルボードでも第一位になった。

私がロサンジェルスに居た頃、通勤中のカーラジオで何度もかかり、月並みな言い方であるが、なぜか哀愁を伴った歌声が頭の中に残っている。この歌は悲しい片思いの歌でビデオでは自殺を暗示させているが、彼の風貌が思い詰めて自殺する役に非常に似合っている。但し、このビデオを見ていると、見ている方も寒気がしてきて、余りよろしくない。

米国のラジオ番組を聞いていると日本と曲紹介が逆で、例えば米国のDJはA,B,Cの3曲を続けて掛け終わると、只今の曲はC,その前がB,その前がAという風に説明する。日本なら、最初の曲がA,次がB,,,という風にかけた順に説明する筈です。履歴書でも日本では高校→最終学歴→職歴という風に時間順に書きますが、米国の場合は現職→職歴→最終学歴→、、という風に並べていきます。

My life is brilliant/
僕の人生は輝いている
My life is brilliant/
僕の人生は輝いている/
My love is pure/
僕の愛は純粋
I saw an angel of that I’m sure/
僕は確かに天使を見たんだよ
She smiled at me on the subway/
彼女は地下鉄で僕に微笑んでくれた
She was with another man/
彼女は他の男と一緒だった
But I won’t lose no sleep on that/
でも、そんなことで眠れなくなるということはない
‘Cause I’ve got a plan/
だって、僕には考えがあるから

You’re beautiful/
あなたは美しい
It’s true/
それは真実だよ
I saw your face in a crowded place/
あなたの顔を人ごみの中で見かけた
And I don’t know what to do/
でも僕にはどうすれば良い分からない
‘Cause I’ll never be with you/
僕があなたと一緒になることはないだろうから

Yes, she caught my eye/
ええ、彼女は僕の目に止まりました
As we walked on by/
すれ違いぎわに
She could see from my face that I was,/
彼女は僕の顔を見て分かっただろう
Fuckin’ high/
ひどくハイになっている事を
And I don’t think that I’ll see her again/
そして僕はもう彼女に二度と会うことはないだろう
But we shared a moment that will last till the end/
でも僕たちは最後までその一瞬を分かちあう

You’re beautiful You’re beautiful You’re beautiful, it’s true I saw…

コメントを残す